2015
04.01

2015年4月1日第145号

メールマガジンバックナンバー

まいどおおきに!スマイルマーケティングの高橋健三です!

いつもスマイルメルマガをご愛読をいただきほんまにありがとうございます。
先日、大阪環状線では全駅に発車メロディが設定され、ぐるぐる回るだけ
でも楽しい小旅行ができるようになりました(笑)
https://www.westjr.co.jp/press/article/2015/03/page_6940.html

そんな環状線の車窓からも桜が眺められるいい季節になりましたが、フェイ
スブックなどSNSのお陰で大阪に居ながらも全国の桜も楽しませてもらって
おります。
まさにバーチャルお花見ですが、やはりほんまに春の到来を実感するのは
桜の木の下で一杯呑んだ時ですよね~(笑)

そして4月は多くの企業で新年度を迎えられたことと思います。ほんまにおめ
でとうございます。新しい価値を生み出す創造的な組織になるため、今年度も
しっかりマーケティング力を鍛えて参りましょう!
そこでマーケティングを学ぶと、どんなビジネススキルが身に付くのか?
なにわのマーケティングコーチが8つにまとめてみました。

1:通勤電車が楽しくなる「観察力」
2:ニュースがおもしろくなる「分析力」
3:広告の見え方が変わる「発見力」
4:アイデアがどんどん湧きだす「発想力」
5:会話がおもしろくなる「表現力」
6:新しいことをしたくなる「企画力」
7:会議が待ち遠しくなる「提案力」
8:仕事がテキパキこなせる「決断力」

さていかがでしょう?
言葉は知っていてもなかなか使いこなせないマーケティング。新入社員から
社長さんまで、みんなで学んで魅力的な商品やサービスをどんどん生みだし
ていきましょう。

では今月も「SMILE-MKメールマガジン」をじっくりお楽しみください。
感謝!

■■■インデックスのご案内■■■
1)スマイルマーケティングトピックス
2)「だいぶ気になるコラボレーション戦略」
3)日経MJで見つけた「ちょっと気になる4P戦略」からの~妄想指南!
4)読んだら損するしょ~むない話←エイプリルフールの朝
——————————————————————
1)スマイルマーケティングトピックス
マーケティングを学ぶことはビジネス発想力を鍛えることに直結します。
当社が提供する笑いたっぷりのセミナーで是非新たなヒントを見つけてください。

今週末です!残り3席です!あの家具屋さんの戦略についても徹底議論します。
■4/3(金)「マーケティング妄想バー」
 お酒の勢いを借りてマーケティング妄想力を鍛える講座です。日経MJから
 切り取った最新の記事から自社ならどんな手が打てるか?自由にフリーダム
 に妄想を繰り返します。異業種との交流から新たなヒントが見つかるチャンス
 です。
 日時:4月3日(金)19:00~22:00
 会場:堺筋本町近隣レストランバーにて
 定員:10名限り
 参加費:3000円(ワンドリンク&軽食付き)
 お申込み:info@smile-mk.comまで

■6/5(金)「超入門!日本語で学ぶマーケティング講座」
 マーケティングを初めて学ぶ超ビギナー向けの講座です。身近な事例を題材
 に4Pフレームの基本をワークショップスタイルで学びます。とかくカタカナが多
 いマーケティング用語をすべて日本語に翻訳してスッキリ理解いただけます。
 日時:6月5日(金)19:00~22:00
 会場:スマイルマーケティング
 定員:10名限り
 参加費:3000円(スマイルマーケティング手帳付き)
 お申込み:info@smile-mk.comまで

■今後のセミナー開催予定
 8月7日(金)「マーケティング妄想バー」開催予定
 10月2日(金)「超入門!日本語で学ぶマーケティング講座」開催予定
 12月4日(金)「マーケティング妄想バー」開催予定
 ※みなさまからのご要望による追加開催も検討しまっせ~

■「実感!マーケティング発想講座」完成!
 これまで数多く提供してきたマーケティング研修のプログラムの中から特に
 人気のあるワークショップのみを選りすぐり、マーケティングに初めて触れる
 初心者でもたった1日でビジネス発想力が付くプログラムをご用意しました。

 豊富な事例と発想力を鍛えるワークショップが満載の楽しいプログラムです。
 若手社員の発想力を広げてみたい!営業マンの発想力を鍛えてみたい!
 そんなニーズがあれば、是非気軽にご相談ください。 
 お問い合わせ:info@smile-mk.comまで

 参加者の声(抜粋)
 ・普段から何となくマーケティングが重要らしいという印象がありましたが研修
  を通じて日々の生活の中にヒントが隠されていてそれを活かす手法が学べた
 ・考えることの大切さ、分析する事の大切さを改めて学びました。顧客視点で
  業務を行います
 ・4Pを意識しながら仕事につなげていけそう。業務の中で視点が変わってい
  きそう
 ・常に「誰に」「何を」「どのように」を意識した売り場作り、製品開発に役立つと
  思う
 ・市場の変化に対応できるように活かしたい。発想アイデアを常にアウトプット
  できるようにしたい

——————————————————————
2)だいぶ気になるコラボレーション戦略(日経MJ3月1日~31日記事より)
フィリップ・コトラーが提唱するマーケティング3.0においては、企業の提供価値
を強化するための具体的な手法としてコラボレーションが紹介されています。
今月もそんなコラボの事例をピックアップしていきましょう。

■ユニクロ(日)&松竹歌舞伎(日)
 ユニクロは松竹との協業で歌舞伎をモチーフにしたTシャツやバッグなどの商
 品をフランスから発売開始。その他欧米諸国や日本、アジアなど世界14カ国
 に展開予定。
 http://ut.uniqlo.com/kabuki/jp/

■ミズノ(日)&ランボルギーニ(伊)
 ミズノは伊高級車メーカーのランボルギーニとスポーツ用品の企画販売とイベ
 ント開催に関するライセンス契約を実施。ランニングシューズやTシャツなどを
 9月から両社の店舗で発売予定。
 http://www.mizuno.jp/mizuno-channel/2015/03/mizuno-x-lamborghini.html

■カッシーナ(伊)&コンラン(英)
 高級家具店カッシーナ・イクスシーは名古屋の「ザ・コンランショップ」と共同で
 店舗を開く。1階はコンランの生活雑貨、2階はカッシーナの家具で構成し、
 店内にはカフェも併設。オフィスやホテルへの法人営業も強化する予定。
 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/42456

 コラボレーション戦略を妄想せよ!
 今月取り上げたコラボ事例はいずれも自社のプロダクト(製品)に新たな付加
 価値を加えることを狙っている。ユニクロの歌舞伎やミズノのランボルギーニは
 小さなセグメントではあるが、確実にファン(購入見込み客)が存在する市場で
 ある。一方、カッシーナは家具に生活雑貨も加えることで、プロダクト(製品)の
 広がりを生み出し法人営業など販路の拡大を狙っている。
 そんなコラボは「自社の強み」&「相手の強み」の組み合わせでこそ成立する打
 ち手であることを忘れずに!

——————————————————————
3)ちょっと気になる4P戦略(日経MJ3月1日~31日記事より)
日経MJに掲載された記事の中からちょっと気になる4Pネタをピックアップ。
サイトではバックナンバー500本以上掲載中!
http://www.smile-mk.com/column/strategy/

■PRODUCT(製品)戦略
 事例1)香水はお肉の香りでウットリ?
 バーガーキングは4月1日限定でパティ(肉)の匂いのする香水「フレームグリ
 ルドフレグランス」を販売。特徴であるじか火焼きしたパティの香ばしい香りが
 楽しめる。香水30mlの価格は主力ハンバーガー「ワッパー」1個とのセットで
 5千円也。エイプリルフールのお買い物におススメの一品です!
 https://www.burgerkingjapan.co.jp/campaign/cp135_1.html

 事例2)バーベキューもおひとり様でGO!
 ビーズは一人用のバーベキューグリル「オヒトリサマBBQグリル」を発売。一
 人でツーリングやキャンプ、釣りなどを楽しむ人をターゲットに開発。A4サイズ
 より一回り大きく、重さは1.8㎏。価格は5800円。折りたたみ式なのでお出
 かけ先の名物や旬の食材を調達すればいつでも一人でBBQが楽しめる。自
 宅のベランダで週末にやろっかな?(笑)
 http://www.doppelganger-sports.jp/product/q1_261_262/

 プロダクト戦略を妄想せよ!
 香水は花の香り、BBQはグループでするもの。という一般的なイメージを一旦
 ゼロに戻すことで、これらの商品は生まれてきたと思われます。これまでの常
 識を疑い、すべてのことをゼロベースから発想することは新商品・新サービス
 の開発には欠かせないプロセスでんな~。ちょっと待て!その常識はほんま
 でっか?

■PRICE(製品)戦略
 事例1)マッサンのスーツ45万円で仕立てます!
 NHKの朝ドラ「マッサン」のモデル竹鶴政孝氏の復刻スーツが45万円で登場。
 政孝氏の孫である孝太郎氏が監修し、カインドウェアが新ブランド 「エム・タケ
 ツル」を立ち上げ。当時の縫製技術やスタイルを復刻し、ジャケットは直線的な
 デザインで重厚感にこだわっている。まだ日本にないものをこの国で作りたい
 人におススメの1着です!
 http://www.senken.co.jp/news/merchandise/kindware-massan-suit/

 事例2)無料保険付き自転車登場?
 ヨドバシカメラは自社店舗や通販サイトで自転車を購入した顧客を対象に、自
 転車事故の損害を1年間無料で補償するサービス「ヨドバシファミリー安心補
 償」を開始。事故の相手方には限度額1000万円まで、本人にも限度額100
 万円まで補償。春の新生活シーズンでニーズが高まる中、交通規制強化によ
 る不安要素も増えており安心感を訴求する。安全運転で参りましょう!
 http://www.yodobashi.com/ec/support/member/function/family/index.html

 プライス戦略を妄想せよ!
 カインドウェアはマッサンの妻リタのブランド「リタ・タケツル」も立ち上げるそう
 です。朝ドラを見てあんな夫婦になりたい!と思った消費者にニーズに応える
 モデルはエヴァンゲリオン等のアニメのコスプレを楽しむ市場の大人向け本
 物版として今後は映画などでも展開されるかも知れません。自転車の保険も
 含め顧客のニーズを常に先回りすることは商売の原点とも言えますな~

■PLACE(流通)戦略
 事例1)表参道に「うなぎパイ」専門店が誕生!
 春華堂はカフェ併設の「うなぎパイ」専門アンテナショップ「UNAGI PIE CA
 FE TOKYO」を表参道に期間限定で開設。静岡県外で直営店を出すのは
 初めてで首都圏の顧客や観光客にPRする。1階では静岡・愛知限定のブラ
 ンデー入りうなぎパイも扱い、2階のカフェではうなぎパイを使ったミルフィーユ
 なども提供。夜のお菓子を昼に食べることができるナイススポットでんな(笑)
 http://unagipie-f10th.com/

 事例2)遊び場7割、物販3割の店舗って?
 グッドウェイは子ども向けの遊び場を併設した新業態店をなんばパークスに
 オープン。店名は「コドモニア!」7割ある遊戯スペースは木目や緑を基調と
 した内装で山道をイメージした凸凹道やお絵かきできる場所があり、30分
 600円で利用できる。残り3割の売り場では子供服や抱っこひも等を販売。
 モノ売りよりもコト売りを象徴するお店でおっちゃんも遊べまっか?(笑)
 http://www.nambaparks.com/floor/f05/f05_025.html

 プレース戦略を妄想せよ!
 消費者の選択肢がどんどん広がる市場において、衣・食・住どんなジャンル
 の商品であれ、モノだけを買ってもらうのは難しくなってきた。お菓子であれ
 ばそれを食べる空間ごと体験してもらうカフェを提案したり、子ども用品であ
 れば、そもそもターゲットである子どもが行きたくなる機能やサービスを提供
 したり。オムニチャネル化が進む時代においてリアルの店舗は五感の刺激
 が必須ですな~

■PROMOTION(仕掛け)戦略
 事例1)「湯もみ」でダンス大会だぜ~!
 近畿日本ツーリストは草津温泉の名物「湯もみ」の動きを取り入れたダンス
 大会を開催する。4月に完成する観光施設「熱の湯」を会場にヒップホップ
 やポップスなど「湯もみ」の動作さえ入っていればジャンルを問わずに募集
 する。5人以上のグループで20チームを予定し、グランプリには10万円の
 賞金が、準グランプリには温泉宿泊券10人分が贈られる。平成のドリフに
 も是非参加して欲しいなあ~♪ババンバ、バンバンバン~っと。
 http://www.kntbc.jp/yumomi/

 事例2)47都道府県別CMってどやさ?
 パナソニックは全国統一で量で展開するCMを改め今後6年間掛けて綾瀬
 はるかさんと47都道府県を回り地域に合わせたCMを作る。静岡県では、
 あるアスリートクラブを訪ね子どもたちとカメラを使って交流している様子を
 CM化。製品機能を全面に押し出すのではなく、日本の風景など感性にも
 訴える表現を行っている。プリンセストヨトミのように、大阪のCM撮影では
 是非共演したいものでんなあ~
 http://panasonic.jp/olympic/bj2020/

 プロモーション戦略を妄想せよ!
 テレビや新聞と言ったマス媒体の効き目が落ちてきたという理由でネット広
 告が伸びているが、これはあくまで手法の選択の問題であり自社だけのプロ
 モーション戦略ではない。これからは地方再生をベースに各地域のニーズに
 合わせたコンテンツに知恵を絞る時代がやってきた。その商品を使うと暮らし
 がどのように豊かになるかを伝えることが今後のテーマになりまんな~

——————————————————————
4)読んだら損するしょ~むない話
新しいアイデアは妄想~発想~構想と徐々に進化していくもの。先ずは妄想力
を鍛えるためにしょ~むないことを考えてみる。これって案外大切なトレーニング
なんですよ~いやほんま(笑)
http://www.smile-mk.com/column/trivial_matter/

■エイプリルフールの朝
 4月1日新年度が始まる日にも関わらず営業マンが全員遅刻。社員は全員
 先日各駅に発車メロディが導入された大阪環状線に乗って出社。さてこの
 ピンチどんな大ウソで切り抜ける?
 参考)大阪環状線のメロディ一覧
 https://www.westjr.co.jp/press/article/2015/03/page_6940.html

 部長「おい!今日は新年度のスタートやぞ!なんで遅刻してん?
     今日はエイプリルフールやから上手いウソやったら許したろ!」

 社員A「弁天町駅で、線路は続くよどこもでもが流れたので、
       乗り換えて京都まで行ってしましました(泣)」

 社員B「森の宮駅、森のくまさんが流れたので、
       30分ほど死んだふりをしてました(泣)」

 社員C「天王寺駅で、あの鐘を鳴らすのはあなたが流れたので
       午前中ずっと鐘をついてました(泣)」

 社員D「福島駅で、夢想花が流れたので、
       回って回って回って環状線を3周してしまいました(泣)」

 社員E「桃谷駅で酒と涙と男と女が流れたので、
       呑んで呑んで呑まれて呑んでしまいました(泣)」

 部長「みんな上手いことウソつくなあ~全員許したろ」

 社員全員「えっ!ほんまですか?」

 部長「ウソに決まってるやろ!あほんだら!」
 
 みなさんも是非、環状線発車メロディの旅をお楽しみあれ。
 来月も引き続きしょ~むないネタにご期待ください。

4月もあなたにとって笑顔締溢れるひと月になりますように!感謝!
◆◆◆ニコ◆◆ニコ◆◆ニコ◆◆ニコ◆◆ニコ◆◆ニコ◆◆ニコ◆◆◆
「SMILE-MKメールマガジン」2015年4月1日第145号
読者数:566名(4月1日現在)
編集者:なにわのマーケティングコーチ高橋健三(グロービスMBA大阪1st)
フェイスブックhttp://www.facebook.com/kenzotakahashi2525
発行元:株式会社スマイルマーケティング
〒541-0053大阪市中央区本町2-3-8三甲大阪本町ビル10F
TEL:06-4705-2255 FAX:06-4705-2288 K- TAI:080-1414-2558
URL:http://www.smile-mk.com
東京サテライト〒105-0014 東京都港区芝2-5-10-903
本メルマガに関するご感想やリクエストをお待ちしています
mailto:info@smile-mk.com
著書:「コンサルタントが使っているフレームワーク思考法」中経出版
http://www.chukei.co.jp/business/detail.php?id=9784046027177
◆◆◆◆◆◆【すべてのマーケティングは「笑顔」のために!】◆◆◆◆◆◆
Copyright(c)2015 SMILE MARKETING INC. All rights reserved.

無料メールマガジン登録

ちょっと気になる4P戦略など発想ヒントが一杯のメルマガです。