株式会社スマイルマーケティング

大阪 マーケティング マーケティングセミナー スマイルマーケティング

サイトマップ
ご質問など、お気軽にお問い合わせください

メールマガジンバックナンバー

2003年4月1日創刊号

まいどおおきに!スマイルマーケティングの高橋健三です!
 この度はメルマガ創刊に際し、いち早くご登録をいただき誠に有り難うございまし
た。またスマイルマーケティング設立につきましても多くの方から暖かいメッセージ
をいただき心より感謝しております。ほんまにいつも有り難うございます。
 さていよいよ「SMILE-MKメールマガジン」が創刊しました。4月はいろんな事が始
まるとてもワクワクする月ですよね。桜のつぼみも膨らむこの素晴らしい季節に皆様
に喜んでいただけるよう楽しく少し役立つ情報をお届けしていきたいと願っています。
では創刊号をゆっくりとお楽しみください。感謝!
■■■インデックスのご案内■■■
1)今月のちょっと気になる記念日
2)なるほどマーケティングコラム
3)発想力を鍛えよう
4)スマイルマーケティングトピックス
5)読んだら損するしょ〜むない話
──────────────────────────────────────
1)今月のちょっと気になる記念日
4月の記念日の中からちょっと気になる日を選んでみました。4月の全記念日はHPで
ご紹介していますのでどうぞご活用ください。
■4月13日「決闘の日」
 1612(慶長17)年、宮本武蔵と佐々木小次郎が厳流島で決闘しました。この日はお
 客様と真剣勝負で戦ってみましょう。入り口でお客様に○と×の用紙を渡して、欲
 しい商品には○を欲しくない商品には×をつけてもらいましょう。こうすることで
 欲しくない商品がはっきりと分かります。もしも半分以上の商品に×が付けばこれ
 は負けです。お客様が今度来たときには「え〜いまとめて勝ってやろう」と言われ
 るような二刀流の品揃えを心がけましょう。
■4月16日「ボーイズビーアンビシャスデー」
 1877年(明治10)年、クラーク博士が、この言葉を残して北海道大学を去りました。
 少年よ大志を抱け!いい言葉ですね。この日は会社を元気にするインナーイベント
 として全従業員に今年度の自分のテーマを発表してもらいましょう。最近は居酒屋
 でも店員の名札に「大きな声で返事をします!」なんていう個人のスローガンが入っ
 ているのを見かけます。自分のテーマをはっきりとした言葉にして、周りの人に伝
 えることで自分自身にも気合いが入りテーマを早く実現できるかも?できれば毎月
 でも実施したい企画ですね。
■4月22日「よい夫婦の日」
 よい(4)ふうふ(22)の語呂合わせ。よい夫婦という定義はなかなか難しいです
 が一緒にいるときに笑うことの多い夫婦はよい夫婦かもしれませんね。若いうちは
 よく夫婦で出かけるものですが、30代〜40代〜50代と年齢を重ねるうちに一
 緒に出かける機会が減ってきます。そこでこの日は夫婦で来店していただけるきっ
 かけを作りお客様に喜んでいただきましょう。例えば「夫婦で飲む美味しいコーヒ
 ー」「夫婦で着るシックなパジャマ」「夫婦で聞くジャズ名曲集」なんてキャッチ
 コピーで集客してみませんか?一人のお客様が二人に増えて嬉しい限りですよね。
──────────────────────────────────────
2)なるほどマーケティングコラム
マーケティングに関するオリジナルコラムをお届けします。出来るだけわかりやすく
まとめていますので、ビジネスの現場でヒントになれば嬉しい限りです。またHPでは
「あなたの会社のマーケティング度診断」のコーナーを新設。一度チェックしてみま
せんか?
■「価値の三層構造」
 商品やサービスの価値は基本的に三つの層でできています。まず第一の層が「機能
 価値」そして二つ目の層が「付加価値」最後の三つ目の層が「心理価値」です。例
 えばルイ・ヴィトンのバッグであれば、鞄としてのサイズや容量、耐久性などが 
 「機能価値」です。そして色やデザインやLVのブランドロゴなどが「付加価値」と
 なります。三つ目はそのバッグを持っていることの満足感や優越感が「心理価値」
 となります。厳しいデフレ経済の中でも顧客の評価を得て、着実に業績を伸ばして
 いる企業の商品やサービスは一様にこの「心理価値」が高いではないでしょうか?
 例えばルイ・ヴィトン以外にもメルセデスベンツや東京ディズニーランドなどよ〜
 く観察してみると「機能価値」や「付加価値」はもちろんの事「心理価値」がとて
 も高いような気がします。あなたの会社の商品やサービスの「心理価値」は魅力的
 ですか?目には見えないこの層で差別化してはじめて市場での圧倒的な競争力が生
 まれてくるのではないでしょうか?
 これこそが「価値の三層構造」です。
■「仕組みと仕掛けのベストバランス」
 大きな会社と小さな会社の両方を眺めているとそれぞれに特徴があります。大きな
 会社は商品開発や営業システムや人事評価制度など、事業を推進していく上での 
 「仕組み」がとてもしっかりしています。小さな会社は大企業ほどしっかりとした
 「仕組み」はありませんが、オーナー社長が次々に思いついたアイデアをすぐに実
 行出来るため、いつもお客様に「仕掛け」ています。大企業では誰かが面白いアイ
 デアを思いついても「仕組み」が邪魔してすぐには実行するのが困難です。そうこ
 うしているうちにシェアを他社に奪われてしまうことにもなります。一方、小さな
 会社ではどんどん新しい「仕掛け」を行いますが、思いつきで行動する事も多いた
 め長期的な「仕組み」に進化していきません。顧客のニーズがどんどん変化する市
 場においてはこの「仕組み」と「仕掛け」のバランスをうまく取りながらお客様に
 アプローチしていく企業が成功するのではないでしょうか?
 これこそが「仕組みと仕掛けのベストバランス」です。
──────────────────────────────────────
3)発想力を鍛えよう
競合他社との同質化を防ぎ、顧客に評価される商品・サービスを開発するため、最近
ビジネスの現場では発想力を鍛えて創造性のある仕事をするように求められています。
では、その発想力とはどのように鍛えればよいのでしょうか?このコーナーではその
疑問に答えるための手法をシリーズでお伝えします。
■その一「ネアカ発想法」
 モノが簡単に売れない時代には、新しい商品を開発するための企画会議を行う機会
 も多いと思います。発想力を鍛える一番大切なテーマにネアカに考えるというもの
 があります。これはすべてのアイデアが実行可能であるという極めてポジティブな
 考え方で発想するという事です。
 例えば企画会議の席上で新人のA君が「ペットブームなので犬としゃべれる機械が
 あれば売れるでしょうね。」と発言したときに、古参の幹部社員が「そんなもんは
 ドラエモンの漫画の中の話や!」と一喝していたら、タカラのバウリンガルはこの
 世に生まれてこなかったのではないでしょうか?何でもできる!不可能はない!と
 いう信念のものに全社員がネアカに発想し、周りの人が「そのアイデアおもろいや
 ん!」と盛り上げる所に新しい発想が生まれ進化します。是非、お試しください。
 ネアカで楽しく!ニコニコと!
──────────────────────────────────────
4)スマイルマーケティングトピックス
このコーナーではスマイルマーケティングの新しい情報についてお知らせします。
詳しくはスマイルマーケティングのHPをご覧ください。
U R L :http://www.smile-mk.com
■「第1回スマイルミーティング100」開催のお知らせ
 来る4月19日(土)13時30分よりアバンザ堂島B1F「ピラト」にてスマイルマーケティ
 ングを取り巻く元気な人達が集まる世にも楽しいパーティーを開催します。
 詳しくはHPの「イベントご案内」をご覧の上、是非ご参加ください。
■「はじめてのマーケティングセミナー」開催のお知らせ
 5月より大阪産業創造館にてお一人でも気軽に参加できる「はじめてのマーケティ
 ングセミナー」を定期的に開催します。席数に限りがございますので参加ご希望の
 方はお早めにお申し込みください。楽しいですよ!
──────────────────────────────────────
5)読んだら損するしょ〜むない話(※忙しい人は決して読まないでください)
■「毎月二十日は○○○○デーです!」
 先日、地下鉄に乗っていたら社内アナウンスが流れ「毎月二十日はオーマイガッ!
 デーです」というので、オーマイガッ!(Oh!My!God!)ってどんな日やねん???
 と考え込んでしまいましたが、よ〜く聞いてみると「毎月二十日はノーマイカーデー
 です」の間違いでありました。
 暇な僕はそこで、ほんまに地下鉄に乗っていてオーマイガッ!な出来事ってなんや
 ろう?と想像してみたのでした。
 先ずは目的に駅に付いたとき、ホームに人が何千人もあふれ全く降りられずにオー
 マイガッ!やっとの思いで改札までたどり着き回数券を機械に入れたらシュレッダー
 になっていて、回数券がバラバラでオーマイガッ!今日はほんまについてないと思
 いながら地上に出てみるとそこは一面の銀世界でみんながスキーを履いていた。オー
 マイガッ!!!!!
 ねっ読んだら損したでしょ。来月は決してこのコーナーを読まないでください。

4月があなたにとって笑顔あふれるひと月になりますすように!感謝!
◆◆◆ニコ◆◆ニコ◆◆ニコ◆◆ニコ◆◆ニコ◆◆ニコ◆◆ニコ◆◆◆
「SMILE-MKメールマガジン」2003年4月1日創刊号
 読者数 155名(4月1日現在)
 編集者 マーケティングコーチ高橋健三
 発行元 株式会社スマイルマーケティング
 〒540-0024大阪市中央区南新町1−2−4椿本ビル6F
 TEL:06−6943−1192
 FAX:06−6943−1193
 K-TAI :080−1414−2558
 U R L :http://www.smile-mk.com
 本メルマガに関するご感想やご要望をお待ちしています
 mailto:info@smile-mk.com
◆◆◆◆【すべてのマーケティングは「笑顔」のために!】◆◆◆◆◆
世界は厳しい状況が続いていますが一日も早い平和を祈っています
Copyright(c)2003 SMILEMARKETING Allrightsreserved.