株式会社スマイルマーケティング

大阪 マーケティング マーケティングセミナー スマイルマーケティング
サイトマップ
ご質問など、お気軽にお問い合わせください
大阪 マーケティング スマイルマーケティング ホーム > コラム > マーケティングオートメーションを導入で得られる効果

マーケティングオートメーションを導入で得られる効果

マーケティングオートメーションとは何か

マーケティングにおいて効率を重視する傾向があるのは、至極必然のことです。
英語でいうオートメーションとは、人手を極力借りずに煩雑な作業を自動化し、より企業に貢献しようとするシステム改善の試みを指します。
昨日までは集約できずに顧客を数多く手放してきた企業も、次の日からは効果が目に見えてくることは、システムの向上によるものです。
マーケティングだけでも膨大な量の情報を集約して整理しなければならないのですから、こうした煩雑な作業を自動化することは、もはや必然なのです。
ただしオートメーションを実施したからと言って、簡単にハンドリングができるわけではありません。
業務を手助けするどころか、業績を悪化させる要因となりうることもあるため、管理者側が相応の知識を持ち、かつ企業の内実を理解していることが前提となります。
また様々なタイプのものが販売されているので、状況に応じて適切なマネジメントを行うとともに、構造そのものを理解することが大切です。

日米のマーケティングオートメーションの違い

アメリカでは、企業数そのものが日本より多いことから、大手からベンチャーまで多くの企業がマーケティングオートメーションを推奨している傾向にあります。
しかしながら、メリットを授かっているかどうかは定かでなく、日本などの先進国への進出のほうが重要視されている流れから、アメリカ国内にとどまらず海外方面での活用を試みている企業が増えているのが実情です。
日本国内では、企業の形態が多様化してきていることから、マネジメントやマーケティング手法の多様化に沿ってオートメーションがさらに推奨されています。
そのため、必然的に社員はこのシステムについて頭に叩き込む必要が出ており、あいまいな知識では管理できなくなってきていることが課題となっているのが現実です。
そして国内経済はこれほどまでに多様化していますから、おのずと認知度も高まっていき、マーケティングオートメーションによる効率化がいっそう推進されていくことは必至と見られます。