株式会社スマイルマーケティング

大阪 マーケティング マーケティングセミナー スマイルマーケティング
サイトマップ
ご質問など、お気軽にお問い合わせください
大阪 マーケティング スマイルマーケティング ホーム > コラム > 仕事をするうえで大切なマーケティングの視点とは何か?

仕事をするうえで大切なマーケティングの視点とは何か?

マーケティングの視点について知っておこう

仕事で成功したい、良い結果を残したい、とは誰もが思うことでしょう。
そのためにはマーケティングが不可欠と言われますが、「自分は特にマーケティングについて意識していないけど、おかげさまで仕事は順調だ」というケースも、中にはあるかもしれません。
しかし、たいていの場合は知らず知らずのうちにマーケティング的な視点で物事を考えたり分析を行っており、そのつど妥当と思われる道を選んで成功に近づいているのです。
仕事をするうえで大切な視点はいろいろありますが、例えば4Cや4Pに基づいた視点で市場を俯瞰するのも重要なことです。
ビジネスで成功しようとするなら、ターゲットの気持ちを知ることが欠かせません。
そのためには、一方向からの視点ではなく、顧客の目線に立ったニーズの分析、競合他社との比較など、さまざまな情報を他方向から分析することになるはずです。
4Cや4Pの他にもマーケティングにおける手法は山のようにありますが、そういった多くの視点をビジネスに活かすことができれば、様々なシーンでアドバンテージを発揮できるようになります。

マーケティング的な視点でビジネスを見つめる

ビジネスに不可欠な要素であるマーケティング。
少し視点を変えて、マーケティング的な目線で物事を俯瞰することによって、目指すべき方向やその方策が見えてくるときがあります。
顧客をセグメンテーションして情報を分析するというのも、視点を変えるという一つの方法ですし、SWOT分析についてもそれぞれの要素に応じた視点から見ることにより、各要因の問題点を見つけられるわけですからね。
たとえば、若者向けのアイテムを売る店舗なら、人通りの多い繁華街や駅周辺などの立地が適していますし、反対に「隠れ家風」レストランなら閑静な住宅街のほうが、ふさわしいターゲットにアピールできます。
こんな具合に、性別や年齢層、地域特性などの固定的な要素と、社会的ニーズやトレンドなど変動の大きな要素を自在にクロス分析すれば、「今、何をすればよいのか」が自ずと浮かび上がるのがマーケティングの醍醐味です。
難しいマーケティング理論を知らなくても、まずは何となくマーケティングを意識した視点を持つことから、事業戦略が少しずつ変わっていきます。
ビジネスに対するモチベーションも変わりますし、やがては現状や将来の見え方が今までとは格段に違ってくるのが分かるでしょう。
さらにはトラブルが起きたとき、最適な対処方法を見つけることができるかもしれません。
まずは仕事をするうえで、マーケティング的な視点を意識することから始めてみましょう。