株式会社スマイルマーケティング

大阪 マーケティング マーケティングセミナー スマイルマーケティング
サイトマップ
ご質問など、お気軽にお問い合わせください
大阪 マーケティング スマイルマーケティング ホーム > コラム > マーケティングでターゲットを絞りこむと販売がどんどん伸びる理由

マーケティングでターゲットを絞りこむと販売がどんどん伸びる理由

マーケティング戦略の基礎

マーケティングを行う場合、大前提としてターゲットを絞り込むということがベースとして課題になってきます。
もちろん販売をする上で幅広いマーケットから顧客を獲得できればそれに越したことはありませんが、基本的にすべての顧客から満足してもらう商品というのは存在しませんし、そんなマーケットもありません。
あまりにも範囲を拡大しすぎてしまうとターゲットが定まらず結果的にどの方向性に進んでいきたいのか目的地が定まらない結果となってしまいます。
またユーザーの目が見ても「一体なにがしたいのだろうか?」という疑問しか浮かばず、結局心に響くような販売戦略を練ることができなくなるのです。
そのため、事業が拡大するまではターゲットを極力狭めて分野を絞り込んでいく方が成功に速く繋がると言えます。

ブランド力を確立させる

すぐに業務拡大をしていろんな分野に広げていきたいという気持ちはもっともだと思いますが、まずはひとつのビジネスを確立させてそれをブランドとして成功させることからスタートしなければいけません。
最初は小さく範囲も狭いビジネスであっても、それに特化することで次第に巨大なビジネス展開ができることもあります。
例を挙げるとAmazonなどがその代表的なサイトと言えます。
Amazonも今でこそ大きなインターネットショップサイトではありますが、もともとは小さな書籍専門の販売サイトでした。
それに集中的に特化した結果、今では巨大なインターネットサイトになっているので、ブランド力というのはこの例から見ても絶大であることはお分かりいただけると思います。
マーケティングを素早く成功させるためにはまずターゲットを絞り込んでその分野に特化すること。
広く浅くではなく狭く深くを実行すること。
またひとつのビジネスを立ち上げたらそのブランド力が高まるまでしっかりと注力していくこと、これがマーケティング戦略の基礎とも言える流れとなります。