株式会社スマイルマーケティング

大阪 マーケティング マーケティングセミナー スマイルマーケティング
サイトマップ
ご質問など、お気軽にお問い合わせください
大阪 マーケティング スマイルマーケティング ホーム > コラム > マーケティング・ミックスにおける4Pで戦略を体系化

マーケティング・ミックスにおける4Pで戦略を体系化

マーケティング・ミックスの4P

マーケティング・ミックスとは、目標達成のためにProduct、Place、Promotion、Priceの4要素の相乗効果が最大限に発揮できるよう計画立案し、実施することです。
これら4要素は頭文字がすべて「P」であるため、総称して4Pとも呼ばれます。
Productは製品、Placeは流通、Promotionは広告宣伝、Priceは価格です。
マーケティングの設計を行う段階から4Pを頭に入れておくことは、
現実的で効率的な営業戦略に欠かせない姿勢です。
Productについては製品開発の方向性や指針を、Placeは流通方法や販売ルート、チャネルについて意識するための手がかりになります。
Promotionを頭に入れておくことで、最適な宣伝方法や広告媒体の選定に役立つでしょう。
Priceはターゲットに対する価格設定が適正かどうか、その価格設定で売れるかどうかなどを見極めることにつながります。
4Pは、今日までの営業活動からの経験的な学びの集大成とも言うことができる、
マーケティングの基本概念の一つです。

マーケティング・ミックスを活用して戦略を練る

現在では、多くの企業がマーケティング・ミックスというフレームワークを活用しながら、
様々な営業戦略を実施し、それに見合った成果を生み出しています。
たとえば某メーカーのA社は、ProductとPriceの強みを活かすため、
製品の改良と価格面の見直しなど大がかりな刷新を行いました。
具体的には、製品の質だけは下げないことを絶対条件にした上で、
製造工程や流通経路、在庫管理などのあらゆるフローを徹底的に見直してコスト削減を図り、
結果としてA社は大幅な低価格化と増益を実現したのです。
4Pの活用によってリスクの解消や問題解決を成功させれば、
業績を大きく上向かせることも不可能ではないという例でしょう。
このようにマーケティング・ミックスにおける4Pを意識した効率的かつ効果的な戦略立案は、
真の利益につながる営業活動の舵取り役を果たすものと言えるのです。