株式会社スマイルマーケティング

大阪 マーケティング マーケティングセミナー スマイルマーケティング
サイトマップ
ご質問など、お気軽にお問い合わせください
大阪 マーケティング スマイルマーケティング ホーム > コラム > マーケティングのセグメンテーションでの市場細分化基準とは

マーケティングのセグメンテーションでの市場細分化基準とは

マーケティングで重要なセグメンテーション

真に成果をもたらすマーケティング活動には、セグメンテーションが必須です。
セグメンテーションとは、市場の中で同じニーズを持つ集団ごとに細分化していく作業を指します。
セグメンテーションにおいて重要なのが、市場細分化基準です。
主な基準としての指標には、地理的変数や心理的変数、人口動態変数、行動変数など様々な項目があります。
地理的変数(ジオグラフィック変数)は、国や州、地方、特定のエリアなど、
地理的条件を基準とした分析で得られるデータです。
人口動態変数(デモグラフィック変数)は、年齢、性別、家族構成、職業、
社会的階層などをまとめた人口統計分布から得られるデータをマーケティングに活用するものです。
心理的変数(サイコグラフィック変数)は、価値観や好みなどの志向性を細分化基準とします。
行動変数は、曜日や時間帯などから購買行動を分析し、マーケティングに活かす基礎データとなるものです。

市場細分化基準についてとマーケティング効果が発揮される条件

セグメンテーションにおける各種変数の活用については、マーケティングの目的や製品開発の内容、ターゲットによって、最適な手法を検討して選ぶことが大切です。
地理的変数によるデータは、都道府県や市区町村、あるいはごく限定したエリアについて、居住者の生活動向や文化を把握するのに有効で、地域限定キャンペーンを実施する際などに活用されます。
人口動態変数は、年齢別の人口構成比、収入などを把握しやすいので、宅地開発や住宅販売などに特に有効です。
心理的変数は、生活者のライフスタイル、ファッション、食べ物の好みなどの傾向を浮き彫りにすることができます。
行動変数は、店舗やサービスの月別、曜日別、時間帯別の利用状況などが分かります。
変数を効果的に活用するには、本当に必要なセグメント条件かどうかを見極め、正確なデータを収集することが大前提です。
市場細分化基準を理解し、適切なセグメンテーションによる変数データをマーケティングに活用することが、成果の上がる営業戦略への一番の近道になります。