株式会社スマイルマーケティング

大阪 マーケティング マーケティングセミナー スマイルマーケティング
サイトマップ
ご質問など、お気軽にお問い合わせください
大阪 マーケティング スマイルマーケティング ホーム > コラム > マーケティングの成否を左右するブランディングの意義と重要性

マーケティングの成否を左右するブランディングの意義と重要性

マーケティングにおけるブランディングの重要性

マーケティング自体はかなり昔から各企業で行われていましたが、ブランディングがここまで注目され始めたのは意外に最近のことです。
経営に関する書籍やサイトには、ブランディングの重要性が必ず説かれています。
ブランディングの意義は、自社のことばかりを考えるのではなく、消費者目線に立ち、消費者が満足する取り組みを考えることです。
ブランディングとは、誰も知らないような商品や会社を有名ブランドとして育て上げるマーケティング方法を指します。
ブランディングは重要ですが、マーケティングではそれだけにとどまらず、様々な方向から分析調査を行うことが重要です。
企業、店舗、商品名、ブランド名などをブランディングするのは難しい作業ですが、ひとたび成功すれば、特に宣伝行為をしなくても売り上げにつながる可能性が出てきます。
通常、商品を購入する時は、どの商品を選ぶか悩んでから決めるものです。
しかし、ブランディングがしっかりと行われていて、認知されている商品であれば、どれにしようかと悩む部分が省略されるでしょう。
例えば、「チョコレートが欲しい」と思ったら、即座に「○○のチョコレートを買おう!」という結論になるのです。
こうした商品は、マーケティング上の強みを持っていることになり、消費者自らが勝手に自社の宣伝をしてくれているような状況になることもあるでしょう。

マーケティングにおけるブランディングの重要性

ブランディングの成否が売り上げを左右する

マーケティングが重要なのは常識ですが、その中でも特に注目したいのが、ブランディングの部分です。
これを行わずにやみくもな宣伝活動をすることは、その場限りの売り上げのための活動をしているに過ぎません。
ブランディングという行為は本来、「売るための活動をしなくても自然に売れる」という状況を、意図的に作り出すものです。
ブランディングの成否が売り上げを左右する ブランディングを行わない、あるいは失敗したとなると、競合他社との価格競争に巻き込まれ、企業としての体力を失う可能性もあります。
しかし、ブランディングに成功している場合は、価格とは違う土俵で闘うことができ、消費者からも別の価値観から見てもらうことが可能です。
他社との差別化のためには、ブランディングなしの一般的なマーケティング手法だけではやはり不十分と言わざるを得ません。
ブランディングをする際は、自社商品やサービスなど、多角的な視点での改善やレベルアップに努めましょう。