株式会社スマイルマーケティング

大阪 マーケティング マーケティングセミナー スマイルマーケティング

サイトマップ
ご質問など、お気軽にお問い合わせください

メールマガジンバックナンバー

2017年11月1日第176号

まいどおおきに!スマイルマーケティングの高橋健三です! 

いつもスマイルメルマガをご愛読いただきほんまにありがとうございます。 
11月に入り秋も深まってきましたが、食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋 
をそれぞれ満喫されていることと思います。 

先日新聞に、東京商工リサーチがまとめた「都道府県別の社長出身地トップ 
10」というランキングが出ていましたが、1位は東京都75070人、2位は北 
海道49722人、3位は大阪府46276人となっており、その後は愛知、神奈 
川、福岡と続いていました。 

しかし「人口当り社長輩出率」で見ると、1位はなんと徳島県の1.36%でそ 
の後に山形、香川、秋田、愛媛と続きます。徳島は神山町などに代表される 
ベンチャー誘致の活動の成果が出ているのかもしれませんね。 

また地元出身者が社長を務める地元率は沖縄県が94.1%で7年連続トッ 
プとのこと。地方再生というキーワードをよく耳にしますが、生まれ育った土地 
の魅力を活かすビジネスに注目したいものですね。 

そして先日、大阪城天守閣前にオープンした「ザ ランドマークスクエア オオサ 
カ」へ行って参りました。 
ここは旧陸軍の施設からその後は博物館となり、長らく閉鎖されていましたが、 
この度レストラン&ウェディング会場としてリニューアルオープン。 

中でも手の届きそうな距離にある天守閣を目の前にした屋上テラスでの一杯 
は、なんとも大人な大阪人を演出してくれるナイススポットです。 
ランチもディナーも、そしてお相手がいれば結婚式もできますので、大阪に生 
まれた新たな空間を是非一度ご体験ください。 
http://www.landmark-osaka.com/ 

では今月も「SMILE-MKメールマガジン」をじっくりお楽しみください。 
感謝! 

■■■インデックスのご案内■■■ 
1)スマイルマーケティングトピックス 
2)だいぶ気になるコラボレーション戦略 
3)日経MJで見つけた「ちょっと気になる4P戦略」からの~妄想指南! 
4)読んだら損するしょ~むない話←新刊本があるとき?ないとき? 
------------------------------------------------------------------ 
1)スマイルマーケティングトピックス 
ビジネス発想力をテーマとしたオープンセミナーのご案内をさせていただきます。 
なにわのマーケティングコーチ独自の視点をたっぷりお楽しみください。 

■11月17日(金)新刊本を出版します!!! 
 タイトル「もう安売りしかないと思う前に読む本」 
 著者:高橋健三 出版社:セルバ出版 

 小さな会社や商店を経営されている方に向けてマーケティングの専門用語を 
 一切使わずに商品、価格、販路、販促の仕掛け方を分かりやすく解説した本 
 です。予備知識がまったくなくても、しっかり理解し実践できる実用書になって 
 いますので、どうぞご期待ください! 


■12/1(金)マーケティング妄想バー開店! 
 今年最後の妄想バーのご案内です。師走なので2018年のマーケティングト 
 レンドを大妄想します。皆さまのご来店をお待ちしております。 

 日時:12月1日(金)19:00~22:00 
 会場:堺筋本町近隣レストランバーにて(参加者にご案内します) 
 プログラム:参加者のちょっと気になる商品を互いに紹介 
        日経MJの記事から4Pトレンドをキーワード化 
 定員:先着10名限り(残り4席です) 
 参加費:3000円(ワンドリンク&軽食付き) 
 主催:スマイルマーケティング 
 お申込みはinfo@smile-mk.comまで 


------------------------------------------------------------------ 
2)だいぶ気になるコラボレーション戦略(日経MJ10月1日~31日記事より) 
提供価値を高める手段としてコラボレーションは今や当り前の取り組みになって 
きました。事例をヒントに自社のコラボパートナーを考えてみましょう! 
今月は企業と学生とのコラボ事例をご紹介します! 
http://www.smile-mk.com/column/collaboration/ 

■ロフト&品川女子学園 
 ロフトと学研ステイフルがコラボして学生ならでは意見を反映した文具「学生to 
 シリーズ」を発売。品川女子学院の協力で授業以外の時間を有効に使うため 
 の手帳を考案。他にもシャープペンシルやペンポーチなど全15アイテムあり。 
 http://loft.omni7.jp/general/lp/gakuseitotecho 

■ゾゾタウン&明治大学など6大学 
 ゾゾタウンで販売しているブランド、アーバンリサーチ、ジャーナルスタンダード、 
 ナノユニバースなど6ブランドが明治大学、青山学院大学、立教大学など東京 
 の6大学とのコラボ商品を発売。ロゴ入りのスウェット、トートバッグなどあり。 
 http://zozo.jp/shop/senseofplace/goods/24981260/ 

■楽天&神奈川県立商工高校 
 楽天は神奈川県立商工高校と連携し、横浜プリンスホテル向けの宿泊プラン 
 を立案・販売。楽天社員が講師となる特別授業を開講しマーケティングの基礎 
 や宿泊施設の訪問などを通じプランを立案。校内選抜で1案に絞り販売する。 
 https://corp.rakuten.co.jp/csr/it-school/team/schools/school34.html 


------------------------------------------------------------------ 
3)ちょっと気になる4P戦略(日経MJ10月1日~31日記事より) 
日経MJに掲載された記事の中からちょっと気になる4Pネタをピックアップ。 
サイトではバックナンバー500本以上掲載中! 
http://www.smile-mk.com/column/strategy/ 

■PRODUCT(製品)戦略 

 事例1)大きな音で麺をすすっても大丈夫やで? 
 日清食品は、麺をすする音をカムフラージュする機能付きのフォークを発売。 
 専用アプリをスマホにインストールすることで、本体に搭載した集音マイクが 
 麺のすすり音を感知し、水が流れる音などが流れる仕組み。名称はTOTO 
 の「音姫」を参考に「音彦」とした。サイトで予約受付を行い5000個に達すれ 
 ば1万4800円で販売する。どやさ! 
 https://store.nissin.com/jp/special/productx/otohiko/index.html 

 事例2)遂に出た!遠近ワンタッチ切り替えメガネ 
 三井化学はワンタッチで遠近両用メガネの焦点を切り替えることができる電 
 子メガネ「タッチフォーカス」を開発。電圧をかけると焦点距離が変わる液晶 
 レンズを搭載。電源を入れている間は老眼鏡になり、フレームの右側に触れ 
 ることで電源をオンオフする仕組み。2018年春の発売予定。これまたどやさ! 
 http://www.mitsuichem.com/jp/release/2017/2017_1002.htm 

 プロダクト戦略を妄想せよ! 
 日本人は気にならないが、外国人には不快な麺をすする音を爽やかな音で 
 カムフラージュしたり、老眼を抱える人が2つのメガネを持ち歩く煩わしさを 
 解消したり、まさにどちらもアンメットニーズに対応した素晴らしいプロダクト 
 です。日頃からアンテナを張って注意深く不満を探せば、新たなヒントが見 
 つかるということでんな。 


■PRICE(価格)戦略 

 事例1)割り勘はスマホでらくらく決済を! 
 常陽銀行はスマホで割り勘や集金ができる決済サービスの実証実験を開始。 
 グループの従業員や家族で食事代金の精算や自治会費の集金など使い勝 
 手を検証する。参加者は常陽銀行に口座を持つことで、スマホアプリを使い、 
 割り勘時の代金や自治会費などの会費を、口座間移動で処理する。既にヤ 
 クルトの訪問販売時のスマホ決済も実験中。もう財布は要りまへんな(笑) 
 http://www.joyobank.co.jp/index.html 

 事例2)予約客のドタキャンを保証しまっせ? 
 飲食店マーケティング支援のファビーは予約客のキャンセル料を保証するサ 
 ービスを開始。最近では訪日外国人による無断キャンセルが増加し、業界全 
 体の課題になっている。サービスはファビーのシステムを利用する飲食店が 
 対象で事前に1席当り150円からの保証金を払い、無断キャンセルが生じた 
 際は予約客にキャンセル料金の請求書が配信される仕組みになっている。 
 これでちょびっと安心かもね。 
 http://info.favy.jp/noshow/standard/LP01.html 

 プライス戦略を妄想せよ! 
 今やスマホで予約しスマホで割り勘しスマホで支払いと、現金の入った財布を 
 取り出すまでもなくすべての決済がスマホで完了してしまう時代。「いつもニコ 
 ニコ現金払い」と言ってる間に世間はどんどん進んでいます。うちの店でもス 
 マホをうまく使う方法を考えとかなあきまへんな。 


■PLACE(流通)戦略 

 事例1)本屋に泊まって夜通し本を読む? 
 「ジュンク堂に住みたい」というツイッターの投稿をきっかけに丸善ジュンク堂 
 では年に一度「書店宿泊企画」を抽選で実施している。丸善名古屋本店では 
 10人の募集に対して1154人の応募があり倍率は115倍。当選すれば地下 
 1階から地上7階の売り場を自由に行き来して120万冊の蔵書を自由に読む 
 ことができる。「寝るのが惜しい」とはこんな状況を言うのかもしれまへんな(笑) 
 https://www.maruzenjunkudo.co.jp/info/20170925-01/ 

 事例2)ゲレンデにもお店がいっぱい? 
 星野リゾートはトマムのゲレンデ中腹に商業施設「ホタルストリート」を開業する。 
 スキーやスノボで滑りながら施設エリアに入り、食事や買い物ができる。道内 
 で人気のスープカレー店やラーメン店などの飲食店とアウトドアショップなど9 
 店舗が出店。大きな紙袋をもったスキーヤーがゲレンデを滑走するのかも? 
 (笑) 
 http://www.snowtomamu.jp/hotalu-street/ 

 プレース戦略を妄想せよ! 
 本屋に泊まる。ゲレンデでお買い物。どちらも意外性に溢れるナイスアイデア! 
 世の中では「働き方改革」という言葉を良く耳にするが、その次には「買い物 
 仕方改革」というキーワードで販路の在り方がどんどん変わってくるかもしれま 
 せん。さて次はどこで商売するか?新たな発想が要りまんな。 


■PROMOTION(仕掛け)戦略 

 事例1)家具屋が雑誌を創刊する時代に? 
 岡村製作所はフォーブスジャパンと共同で働き方をテーマにした雑誌「ワーク 
 ミルウィズフォーブスジャパン」を創刊。先進的な働き方を導入している国内外 
 のオフィスの事例や働き方改革のヒントを掲載。岡村製作所は1980年にオフ 
 ィス研究所を設けて研究を続けてきている。メーカーにとって研究は大切な活動 
 でんな。 
 http://workmill.jp/magazine.html 

 事例2)授業でキャンプを教える時代に? 
 キャンプ用品のスノーピークは、札幌新陽高校の教育課程にキャンプを導入 
 する支援を行う。地方創世事業の一環として教員向けに事前学習のノウハウ 
 を提供。高校はスノーピークが帯広市から運営を受託している「十勝ポロシリ 
 キャンプフィールド」を使い自然学習を実施する。キャンプだけで卒業できたら 
 ええな(笑) 
 https://www.snowpeak.co.jp/sp/information/information_20170929_1.html 

 プロモーション戦略を妄想せよ! 
 オフィス家具メーカーが雑誌を創刊。キャンプ用品メーカーが高校の授業を 
 指導。モノを買うのではなく情報を買う時代において、メーカーの役割は単に 
 商品を販売することから文化を形成することに代わりつつあります。うちは社 
 会にどんな文化を提案することができるのか?そろそろ考えなあきまへんな。 


------------------------------------------------------------------ 
4)読んだら損するしょ~むない話 
新しいアイデアは妄想~発想~構想と徐々に進化していくもの。先ずは妄想力 
を鍛えるためにしょ~むないことを考えてみる。これって案外大切なトレーニン 
グなんですよ~いやほんま(笑) 
http://www.smile-mk.com/column/trivial_matter/ 

■新刊本があるとき?ないとき? 
 11月に出版する新刊本「もう安売りしかないと思う前に読む本」を人に勧める 
 場面を妄想してみました。ぎょうさん売れるとええな~(笑) 
  
 甲さん「儲かってまっか?」 
  
 乙さん「ぼちぼちでんな~といいたいところやけど、あきまへんわ。」 

 甲さん「そりゃ難儀なことで?で、どないしはるつもり?」 

 乙さん「もう安売りでもしようかと・・・」 

 甲さん「そりゃあきまへん!ここにええ本あるから読みなはれ! 
     その名も『もう安売りしかないと思う前に読む本』。あんさんにピッタリ(笑)」 

 乙さん「客もけえへんから店先で読ませてもらいまっさ。 
     ふむふむ。なるほど。その手があったか。こりゃ~助かった!」 

 めでたいめでたし。という訳で読者がまたひとり増えました(笑) 
 来月も引き続きしょ~むないネタにご期待ください。 


11月もあなたにとって笑顔溢れるひと月になりますように!感謝! 
◆◆◆ニコ◆◆ニコ◆◆ニコ◆◆ニコ◆◆ニコ◆◆ニコ◆◆ニコ◆◆◆ 
「SMILE-MKメールマガジン」2017年11月1日第176号 
読者数:623名(11月1日現在) 
編集者:なにわのマーケティングコーチ高橋健三(グロービスMBA大阪1st) 
フェイスブックhttp://www.facebook.com/kenzotakahashi2525 
発行元:株式会社スマイルマーケティング 
〒541-0053大阪市中央区本町2-3-8三甲大阪本町ビル10F 
TEL:06-4705-2255  FAX:06-4705-2288 K- TAI:080-1414-2558 
URL:http://www.smile-mk.com 
東京サテライト〒108-0023 東京都港区芝浦3-13-3-5F 
本メルマガに関するご感想やリクエストをお待ちしています 
mailto:info@smile-mk.com 
著書:「コンサルタントが使っているフレームワーク思考法」KADOKAWA 
http://www.kadokawa.co.jp/product/301401001349/ 
◆◆◆◆◆◆【すべてのマーケティングは「笑顔」のために!】◆◆◆◆◆◆ 
Copyright(c)2017 SMILE MARKETING INC. All rights reserved.