株式会社スマイルマーケティング

大阪 マーケティング マーケティングセミナー スマイルマーケティング

サイトマップ
ご質問など、お気軽にお問い合わせください

メールマガジンバックナンバー

2005年9月1日第30号

まいどおおきに!スマイルマーケティングの高橋健三です!
 
 いつも何かとお世話になりほんまに有り難うございます。楽しくウキウキ気分の夏
もにぎやかなセミの声とともに過ぎ、はや長月を迎えました。今年の夏もたくさんの
場面でとびっきりの「笑顔」になった事と思います(ですよね!)
 
 そんな中、先日ある課題で横浜エリアのホテルを13カ所チェックしてきましたが
シティホテルからビジネスホテルに至るまで、新しいホテルになればなるほど、自社
のポジションを明確に打ち出していることが印象的でした。
 ウォッチングツアーの最後は、あの半月型で有名なインターコンチのカフェでコー
ヒーを飲みながら、ターゲッティングってほんまに大事やなあ~と実感したのでし
た。
 また残念ながら今回は「赤い靴を履いた女の子」には遭遇しませんでしたが、新幹
線の中でユニクロの社員研修で有名なあの原田隆史先生に遭遇し、挨拶と握手を交わ
してなにわの地へ戻ってきたのでした。
 では今月も「SMILE-MKメールマガジン」をじっくりお楽しみください。感謝!
 
■■■インデックスのご案内■■■
1)スマイルマーケティングトピックス←新発売&新サービス登場
2)ちょっと気になる4P戦略
3)なるほどマーケティングコラム
4)読んだら損するしょ~むない話←商品は未来へ向かって進化する?
──────────────────────────────────────
1)スマイルマーケティングトピックス
 
■グッズ部門の石原誠宏から新商品のお知らせ!
 先月お知らせした「上町台地」をテーマにした新商品第一弾。上町台地キャラクター
 Tシャツが本日9月1日リリース。キャラクターの「マッカ」と「デッカ」は上町
 台地を拠点に活動しているWDCとchana(チャナ)そしてスマイルマーケ
 ティングが共同開発。第一弾の商品は、大阪城をイメージしたグリーンと夕陽が丘
  をイメージしたオレンジにオリジナルキャラクターをプリントしています。当社に
  お越しの際は要チェック。爆発的ブームはきっとそこまで(来てないか???)
 
■リサーチ部門の吉田直純から新サービスのお知らせ!
 今月は新サービスとして、当社のロンドン特派員北谷太によるロンドンマーケット
 リサーチをスタート。2012年のオリンピック開催地にもなったクールなロンド
 ンの今を詳細にレポートします。上海リサーチ、カラーマーケティングリサーチと
 もども是非ご活用ください。またブランド開発からチャネル戦略まで皆様のマーケ
 ティング課題に対する各種リサーチサービスを提供させて頂きますので、お気軽に
 お問い合わせ下さい。
 
■第5回「こてこてマーケティング道場」開催!
 現在シティマーケティグ又はブランドマーケティングをテーマにゲスト講師を探索
 中。確定次第お知らせ予定です。本道場でマーケティング脳を鍛えませんか?
  日 時:9月16日(金)19:00~21:30
  会 場:スマイルマーケティング内道場(先着15名限り)
  ゲスト講師 :カラー、スポーツに続き今回も個性的な講師をお招きします。
  参加費:3000円
  申込み:メールにて○参加日○会社名○氏名○メールアドレスをご連絡ください
  ※詳しくはこちら
  http://www.smile-mk.com/200509/mkdojo/index.html
 
■「大阪カントリーマラソン」ミーティング
 7月8月と夏休みをとっていました本プロジェクトですが、秋のシーズンインに向
 けミーティングを再開予定。プロジェクトメンバーの出産や婚約など次々と嬉しい
 ニュースが続く中、音楽とCSRをテーマとした新たなる展開にご期待ください。
 
★今月のちょびっとおまけニュース(起業はお洒落な旧居留地から・・・)
 友人が神戸でそれはそれはお洒落なインキュベーションオフィスを開設しました。
 その名も「エリンサーブ」。神戸でいっちょやったるか!という熱い志をお持ちの
 あなたを力強く応援してくれます。ご興味がある方は是非アクセスを!
 所在地:〒650-0024神戸市中央区海岸通り3-1-1 KCCビル4F
 連絡先:TEL078-392-2127 FAX078-332-5119
 担当者:森本迄
 サイト:http://www.erinserve.com/
 
──────────────────────────────────────
2)ちょっと気になる4P戦略
マーケティングの醍醐味は常に新しい4Pネタを発想しながら、消費者にアプローチ
することです。各社の試みを参考にして笑いの取れる戦略を実践しましょう。
 
■PRODUCT(製品)戦略
○遂に家庭用ロボットが販売開始/
 三菱重工では家庭用人間型ロボット「ワカマル」を157万5千円で100台限定
 で販売するそうです。このロボットは身長1メートルでセンサーやカメラを搭載し、
 なんと60人の顔を記憶したり、会話を交わす事ができるそうです。100台の内
 の1台には池乃めだかが入っているかも?また高島屋でも留守番ロボットを29万
 4千円で発売。コンビニでロボットを売る時代もそこまできてまんなあ~。やっぱ
 り欲しいのはドラエモンかも?それもポケットだけ(笑)
○宇宙に泊まる日もすぐそこ?/
 西川リビングでは宇宙ステーションに滞在する飛行士が心地よく眠れる「宇宙ふと
 ん」を来春に向け試作するそうです。無重力で使うこのふとんミノムシのように体
 を包み込む形だとか?またスペースシャトルで野口さんが食べた日清食品の「宇宙
 食ラーメン」の展示にも人が集まっているそうです。う~ん「宇宙の座敷でふとん
 にくるまりながらラーメンをすする」そんな「夢の生活」がすぐそこまで来ている
 のかも?(ん?待てよ。それってほんまに夢の生活か???)
 
■PRICE(価格)戦略
○ワンコイン(500円)でワインもCDも/
 ローソン、サークルKサンクスなどのコンビニはワンコイン(税込み500円)で
 買えるワイン、弁当、CDを発売。その他宝島の500円単行本や500円タクシ
 ー等同種のサービスが増殖している。ダイソーが作り出した100均ブームのよう
 に日本全国に500円ブームが起こるのか?今後の展開が楽しみではありますが、
 この500円ビジネスなぜか大阪での展開が多いそうなんです。大阪に富裕層はお
 らんのか?さすがにシブチンの町大阪でんなあ~。感心感心。
○世界最高価格のウイスキーはいかが?/
 英国で史上最高値のアイリッシュ・ウイスキーがなななんんと2000万円で売り
 出されたそうな。一口飲んだだけで口が腫れそうなこの商品。19世紀後半に醸造
 された年代ものだそうですが、これを買う人はきっとクルーザーを買うか?フェラ
 ーリを買うか?それともウイスキーを買うか?で悩んでいるのでしょうか?既に想
 定外の思考領域なのでついて行けません。香りだけでも嗅がせてくで~。
 
■PLACE(流通)戦略
○百貨店も保育所を作る時代/
 大丸は系列スーパーで保育所「大丸キッズハウス」の展開を始めるそうですが、阪
 神百貨店も保育園ビジネスに関心を示しているようです。子どもの頃に百貨店の屋
 上で乗物に乗ったり、大食堂でお子様ランチを食べるのがとても楽しいイベントで
 したが、これからは百貨店が子どもを育てる時代に突入するかも知れませんね。そ
 のうちに高島屋の子は品があるなあ~阪急の子はセンスがええなあ~松坂屋の子は
 値切るのうまいなあ~とか特徴が出てくるときっと進学塾も始めたりするのかも知
 れませんね?「君も大丸で東大を目指せ!」てか???
○いっぺん住んでみまへんか?/
 JTBは団塊の世代に向けて北海道で移住体験ツアーを提供するそうです。このツ
 アーは55才以上の夫婦が対象で1ヶ月の長期と4日程度の短期があり、函館や室
 蘭などの空き家に定住し、スーパーや病院等生活関連施設を視察するそうです。定
 年後の生活を新しい街で迎えるってなんかお洒落ですよね~。よ~し僕も定年後は
 「京橋」から「鶴橋」へ移住しよっかな?でも「鶴橋」にはグランシャトーないし
 なあ~でも焼き肉うまいしなあ~悩むなあ~(誰やあほらしゆうてんのん!)
 
■PROMOTION(仕掛け)戦略
○美しさアンケートをリアルタイムビル表示/
 ユニリーバ・ジャパンはビルの壁面を使って「本当の美しさ」に関するアンケート
 を実施。このリサーチが面白いのはウェブと携帯電話で投票された結果が、リアル
 タイムでビルボードに表示されるという仕組み。話題と関心を引きながらインタラ
 クティブに参加できるこのアンケートの仕組みはブランド育成にも一役買っている
 のかも知れまへんなあ。
○広いおでこに広告価値があるんです!/
 アメリカではおでこにヘナタトゥー(後から消せるタトゥー)で広告するという新
 たな媒体が誕生したそうです。このおでこスペースは5000ドルで使用できます
 が、媒体提供者はルックスがよく、社交的で、当然の事ながら出歩くのが好きな人
 でなければならないという条件が付くとか。これまで誰よりも広いおでこが自慢だ
 ったあなた。その貴重なスペースを広告媒体にしてみませんか?但し警察に連行さ
 れても自己責任ですからご用心くだされ。 
 
──────────────────────────────────────
3)なるほどマーケティングコラム
マーケティングに関するオリジナルコラムをお届けします。なるほど!と感じたら是
非ビジネスの現場でご活用ください。HPではバックナンバーを掲載しています。
 
■「売上か利益か選択すべし!」
 企業の業績が悪化してくると、社長が営業マンの前で「売上を上げて利益も上げろ」
 と指示する会社が見受けられます。果たして二兎を追う事は可能なのでしょうか?
 一般的に営業マンはシンプルな指示により最大の行動力を発揮します。例えば「売
 上を上げろ!」と指示すれば既存顧客だけでなく新規顧客をどんどん開拓してくれ
 ます。がしかし「売上を上げて利益も上げろ!」と指示するとせっかく開拓した得
 意先でも「ここの得意先は売上は結構上がるけど利益は残せんなあ~あんまり積極
 的に攻めんとこ」などと考えてしまい行動がスローダウンしてしまいます。本来、
 利益を残すのは営業マンの力量に頼るのではなく、会社の仕組みとして行なうべき
 もの。経営者がなすべき課題を横の置いて二兎と追っても決して良い結果は生まれ
 ません。営業マンにはいつもシンプルなメッセージを伝えましょう。
 これこそが『売上か利益か選択すべし!』です。
 
■「マス・カスタマイゼーションのススメ」
 企業はマスを対象に単品を大量に販売することが最も利益を生み出すビジネスモデ
 ルになりますが、最近の顧客はそんな簡単なものではなかなか買ってくれません。
 そこでカスタマイズという名前の元に一人一人のお客様に合わせた仕様変更が求め
 られる訳ですが、これも全ての顧客に対応していたのでは費用対効果は合いません
 「じゃあどうすればいいんだ~」と思わず叫びたくなりますが、これからの企業は
 マスとカスタマイズの中間モデルをうまく構築した所が勝ち残ります。スーツのセ
 ミオーダーやレストランのメインディッシュの選択のように部分選択をしたけど、
 顧客にはフルオーダーしたような気分にさせてリピーターになっていただく。そん
 なモデルの開発こそが勝負の分かれ目です。自社のサービスをさっそく今日から見
 直してみませんか?
 これこそが『マス・カスタマイゼーションのススメ』です。
 
──────────────────────────────────────
4)読んだら損するしょ~むない話
 
■商品開発の未来像は?
 今回はマーケティングコーチとして真面目に実直に商品開発の未来像を探ってみる
 事にしよう。うんそうしよう。この中にきっとメガヒットのネタが隠れている! 
 (ハズ、おそらく、たぶん・・・)
 
 その1)薄型テレビの未来像
  シャープのアクオスに代表される薄型テレビは今後益々薄くなり、その薄さは 
  0.1ミクロンに達する。もはや素手で触ると破れるほどの薄さである。そして
  この薄型テレビは壁紙と一体化するのである。すなわち家の中の壁と言う壁が全
  てテレビ画面となり、軽くタッチするだけでそこに好きなサイズの画面が現れる。
  全面を一つの映像にすることもできるが、1センチ四方の画面を数百万表示する
  ことも可能である。韓流ドラマのファンならば、家の中に数百万のヨン様を出す
  事もできちゃう。それも怖いがな・・・
 
 その2)自動車の未来像
  オープンカーが売れている。それも若者でなく親父にだ。そもそもカールベンツ
  が自動車を発明したとき、まわりは全て馬車だった。もちろん屋根なんて簡単な
  ものしか付いてない。つまり自動車のルーツはオープンカーなのだ。そんな意味
  でオープンカーに乗る親父は若ぶっているのではなく、歴史を体感しているので
  ある。そんな自動車は石油の高騰により再び馬が曳く事となる。当然馬は生き物
  なので、軽量化を図るためボディは強化段ボール製。そしてガソリン替わりの人
  参が高騰。もはや人参は松茸以上の高級品に。馬のふんを片付ける仕事は人気職
  種になりうんこくさい男性が女性の人気を集めることに・・・
 
 その3)携帯電話の未来像
  黒電話からカラー電話。留守番電話からコードレスホンに進化した電話はやがて
  一人一台の携帯電話へ進化。街中でのメール交換で電波障害が頻発し、遂に携帯
  電話は屋外での使用禁止へ。昔はどこの家でも玄関先に電話があったもんです。
  それもレース付きのカバーとオルゴール付きの受話器置きがセットされ。あ~懐
  かしいなあ。そんな事はどうでもええんですが。屋外での仕様を禁止された携帯
  電話を合法的に屋内仕様にするために、ハウスメーカーが背中に背負う形の簡易
  型ハウスを販売。街中は背中に小さな家をしょった人で溢れ、まるでカタツムリ
  の都市に変身。携帯での会話で「今どこ?」と聞かれても全員「今いえ」と答え
  るので、絶対落ち合う事が出来ない。そのうち家を背負って歩くのは大変だとい
  うことに気付き、やがて電話は一家に一台に。これでみんな前見て歩きはるわ。
  めでたしめでたしっと。
  
 考えているうちにそれぞれ大作になってしまいました。しかしなかなか面白いので
 今度はグループワークで取り組んでみたい思う今日この頃でありました。誰か一緒
 に考えませんか?右脳が元気になりまっせ~
 来月もしょ~むないネタに乞うご期待!※ここしか読まないそのあなた!素敵です。
 
 
9月があなたにとって笑顔あふれるひと月になりますように!感謝!       
◆◆◆ニコ◆◆ニコ◆◆ニコ◆◆ニコ◆◆ニコ◆◆ニコ◆◆ニコ◆◆◆
「SMILE-MKメールマガジン」2005年9月1日第30号
 読者数 310名(9月1日現在)
 編集者 マーケティングコーチ高橋健三
 発行元 株式会社スマイルマーケティング
 〒541-0053大阪市中央区本町2-3-8 三甲大阪本町ビル10F
 TEL:06-4705-2255
 FAX:06-4705-2288
 K-TAI :080-1414-2558
 ↓毎月最新情報に更新しています!
 U R L :http://www.smile-mk.com
 本メルマガに関するご感想やご要望をお待ちしています
 mailto:info@smile-mk.com
★四国アイランドリーグ「徳島インディゴソックス」を応援しよう!
 U R L : http://www.iblj.co.jp/socks/index.html
◆◆◆◆【すべてのマーケティングは「笑顔」のために!】◆◆◆◆◆
Copyright(c)2005 SMILEMARKETING Allrightsreserved.