株式会社スマイルマーケティング

大阪 マーケティング マーケティングセミナー スマイルマーケティング

サイトマップ
ご質問など、お気軽にお問い合わせください
大阪 マーケティング スマイルマーケティング ホーム > コラム > 読んだら損するしょ〜〜むない話

読んだら損するしょ〜〜むない話

ツイッターをフォローせよ!

巷で噂のツイッターに遂にうちの課長も食いついた。つぶやきつぶやきっと。

 課長「最近また、つぶやきシローが流行ってるみたいやな」
 新人「それ?もしかしてツイッターの事とちゃいます?」

 課長「えっ?つぶやきシローが芸名変えたんか?」
 新人「ちゃいますやん!ツイッターはフォローするんですわ」

 課長「えっ?すべった時はダンディ坂野がゲッツでフォローするんか?」
 新人「課長!もうこの会話やめません?」

 何かと慌ただしい年度末は独りでつぶやくことも多いかもしれませんね。
 来月もしょ〜むないネタにどうぞご期待ください。

新しい自分へ寅年のトライ!

 新しい自分を見つけるために寅年にはいろんなことにトライするって決めましてん。
 僕の決意を聞いてくれまっか?

 A君「先ずはメタボ対策にスポーツを始めまんねん」
 B君「わかったトライアスロンやろ!」

 A君「そんなしんどいことしまへんがな。トランポリンや
       それから女の子にもてるように楽器も始めまんねん」

 B君「わかったトランペットやろ!」

 A君「そんな高いもん買えまへんがな。トライアングルや」
 B君「やる気のあるようなないようなトライもタイガーいにせなあかんで!」

 みなさんも今年は何か新しいことにトライしてみまへんか?
 来月もしょ〜むないネタにどうぞご期待ください。

寅年は肉食で勝負せよ!

営業部長「ええか!今年はさら厳しい環境になるで。君らも草食男子とか言われてる場合やない。寅のように勇ましい肉食になってくれ。今から一人づつその意気込みをしゃべってくれるか?」

A君「はい!僕はスーツの色や素材に凝りたいと思います!」
部長
「そりゃ服飾や・・・」

B君「はい!僕はお昼は必ず大学の食堂で食べようと思います!」
部長
「そりゃ学食や・・・」

C君「はい!僕は営業しながら自分に合った会社を見つけたいと思います!」
部長「そりゃ転職や・・・こうりゃあかんわ(泣)」

若手を任された部長の苦労は絶えませんな〜。さてあなたは草食?それとも肉食?
今年もしょ〜むないネタにどうぞご期待ください。

師走は何で走んねん!

12月のことを師走(しわす)といいますが、なぜ先生は12月になると走り出すのか?
今回はそんな疑問を持った二人のサラリーマンを追ってみました。

先輩A:今年もいよいよ師走やなあ〜
後輩B:先輩、しわすって一体何のことですか?
先輩A:師走は12月のことやないかい。先生が走ると書いて師走と読むんや。
後輩B:そうなんですか・・・でも先生は何で走ってるんですか?
先輩A:それはやなあ・・・え〜っとやなあ(ただ今、理由を捏造中)
先生は学校の中でいろいろ付き合いあるから忘年会の回数も多いやろ。
鍋もんばっかり食べてたら腹が出てきたんや。それで走っとる。
後輩B:ほんまですか???
先輩A:ほんまや。間違いない!特に体育の先生はマラソンシーズン突入やから
12月は走らなあかんねん。(こりゃ説得力抜群やと自己満足中)
後輩B:さすが先輩は物知りですよね。それにしても先生は大変ですね。
僕はサラリーマンで良かったですわ。ハハハハハ。

何気なく使っている言葉の意味もええ加減な解釈で真実は闇の中へ。あ〜恐わ。
来月も引き続きしょ〜むないネタにご期待ください。

11月はいいこといっぱい(嬉)

11月は「いい」の語呂合わせで始まる記念日がいっぱい。
 そこで今後流行りそうなオリジナルバージョンを考えてみました。

 11月1日(いい胃の日)

  飲み過ぎ食べ過ぎに注意していい胃を保ちましょう。
 
 11月2日(いい麩の日)
  すき焼きのおまけに入れる麩ですが、この日は麩が主役のすき焼きを楽しみましょう。
 
 11月3日(いいミノ日)
  昨日はすき焼きやったから今日は焼肉や〜。でも肉はミノだけでっせ。

 11月4日(いいよの日)
  この日は誰に何を頼まれても「いいよ!」と笑顔で応えましょう。みんな喜ぶで〜

 11月5日(いい碁の日)
  碁を打つ人も打たない人もみんな碁盤の前に座り、いい碁石やなあ〜と褒めましょう。
  褒め方がうまければ、白も黒もみんな真っ赤に染まるかも(笑)

 是非、みなさんも「いい日」シリーズネタ作ってください。名作できたらメルマガで紹介
 しますんで。来月も引き続きしょ〜むないネタにご期待ください。

大人の秋の過ごし方講座

やっぱり大人は秋を満喫せなあかん。
食欲やスポーツや読書なんて普通の秋ではあきまへん(←ここダジェレですねん。念のため)
新しいバージョンを考えてみたで〜。どやさ?

物欲の秋:
梅田や難波の繁華街を歩き、少しでも欲しいと思ったものが全部買っちゃう秋。
この冬は支払いで苦労することでしょう。

出世欲の秋:
国連での温室効果ガス25%削減にちなみ、売上300%達成します!など高い目標設定で社内の注目を集める秋。
この冬は有言実行で苦労することでしょう。

私利私欲の秋:
旨い食べ物、エキサイティングなスポーツ、読み応えのある書籍、
すべての秋を誰にも分け合うことなく自分だけで密かに満喫する秋。
この冬は友達が去り、話し相手を探すことに苦労することでしょう。
 
やっぱり秋はいらん欲を出さずに大人は大人しく(←ここもダジェレですねん。念のため)
過ごした方がいろんな意味で暖かい冬を迎えられそうです。
来月も引き続きしょ〜むないネタにご期待ください。

鹿せんべいが進化した

阪神なんば線が快調である。今まで心理的距離が遠かった神戸と奈良が繋がり近鉄も阪神もお客さんが増えているそうである。そんな中、とある日の鹿の会話を聞いてみた。

鹿A:最近、鹿せんべいえらい旨なったよなあ〜

鹿B:そうそう。前まではぬかの味しかせえへんかったからわしは草一辺倒やってん。

鹿A:味もバニラ、チョコ、ストロベリーと3種類から選べるしなあ。

鹿B:せやけどクリーム入ってるからわしもすっかりメタボ鹿やで(泣)

鹿A:お互い健康には気い付けなあかんわな。来年せんとくんのイベントあるしな。

と、神戸からの客にゴーフルをもらいすっかり味にうるさくなった鹿の会話でした。やぱり鹿には鹿せんべいでんな。来月も引き続きしょ〜むないネタにご期待ください。

だじゃれ川柳(乗り物編)

言いたいことを限られた時間でコンパクトにまとめるには、やはり五七調にまとめるのが最適である(と信じている)今回は乗り物をテーマに川柳を考えてみた。乗り物だけに読むだけで酔わないようにご注意を。これで芭蕉が越えられるか?んなあほな。

徒歩編
終電に 乗れずにとほとほ 帰る道

自転車編
チャリンコで 走るチエちゃん ジャリン子か

自動車編
タクシーが 来るまで待とう 車やし

電車編
環状線 何両あるかは 勘定せん

飛行機編
飛行機に 非行少年 乗ってたで

順番に乗り物のスピードを上げてみたものの、笑いのスピードはまったく上がらず(泣)
来月も引き続きしょ〜むないネタにご期待ください。

検定付き環状線

大阪検定で盛り上がるなら、逆に検定を前提としたサービスがあれば面白いのではと考えてみた。つまり問題に答えないと次の駅に行けない大阪環状線である。車掌さんが出題するこの外回りであなたは天王寺まで辿り着けるか?

第1問「大阪駅」にて

大阪駅の南側にある百貨店は? ①小丸  ②大丸  ③米丸

第2問「天満駅」にて
天満宮に祀られているのは誰?  ①菅原文太 ②菅原道真 ③菅原洋一

第3問「桜ノ宮」
天満と桜ノ宮の駅間に流れる川の名前は? ①寝屋川 ②大川 ③神田川

第4問「京橋」にて
京橋という名の由来となった目的地とは? ①東京 ②京都 ③京阪守口

第5問「大阪城公園」にて
エレベーターのある大阪城を建てたのは? ①豊臣秀吉 ②大林組 ③近所のおっさん

ここまでの正解はすべて②番です。えっ?難しかったって?そりゃ大阪に住んだらあかんで(笑)
来月も引き続きしょ〜むないネタにご期待ください。

進化する四文字熟語

テレビでどんどん正しい日本語が崩れているという話をしていた。とはいえ時代とともに言葉は進化しているとも思える。ならいっそのこと、昔から慣用句として使われている四文字熟語を進化させてみてはどうかと妄想してみた。気に入ったら使ってちょうだい。車に希望ナンバーが付けられるようになって随分経つが、信号待ちで前の車のナンバーに目に入るとつい「この番号の意味はなんだろう?」と妄想が膨らむ。そこで5月と言えばやっぱり端午の節句。男の子にとって5月5日の本格的な過ごし方とはなんぞや?そんな疑問に答えてみたい。頼まれてないけど(笑)

●暗中与作 (あんちゅうよさく)
  飲み会の後のカラオケで元気のでる歌を歌おうかとウルフルズを検索。
しかしカラオケボックスが停電となり部屋は、真っ暗闇に。
よく見えない中でガッツだせ!を選曲したはずがイントロが流れ出すとなんと与作になっていること。
ちなみに語源は暗中模索。
   
●つけ麺楚歌 (つけめんそか)
  お昼にとんこつラーメンを食べようと同僚4人を外に出たら、はあ?ラーメン?
今どきの若もんはつけ麺でっせ。と諭され結局自分もつけ麺を食べるはめになること。
ちなみに語源は四面楚歌。
   
●紆余北摂 (うよほくせつ)
  新大阪で友達と待ち合わせしたものの、土地感がなく地下鉄、JR、阪急、
モノレールなど乗り継いでいる間に気が付けば、茨木あたりにいたこと。
ちなみに語源は紆余曲折。

講演など人前で話す機会が多い僕はもちろんバイリンガルである。日本語と大阪弁の。
来月も引き続きしょ〜むないネタにご期待ください。