2019
06.19

2019年6月1日第195号

メールマガジンバックナンバー

まいどおおきに!スマイルマーケティングの高橋健三です!

いつもスマイルメルマガをご愛読いただきほんまにありがとうございます。
令和を迎えて1ヶ月が経過しましたが、10連休を含め新しい時代を大いに満喫されていることと思います。

令和ならぬ昭和生まれの自分は世間が10連休と騒ぐ中でも、しっかりきっかり暦通りに働いておりましたが若い外部スタッフから「こよみどおり」って何ですか?と質問され「う~ん時代はやっぱり進んでいる!」と妙に納得したのでありました(笑)

さてそんな時代をどのように生きるべきかと自問する中で西田幾多郎氏の「真善美」という本に出会うことができました。
哲学の本なのでなかなか読み進まないのですが、要するに「真なるものは善であり、善なるものは美であり、美なるものは真である」という考え方で、これらはそれぞれにイコールである。という感じです(まだまだ理解不足で上手く説明できませんが・・・)

最近はこの「真善美」を企業の在り方に照らし合わせて見ることで経営課題やマーケティング課題を発見するきっかけにしており、新しい時代を生き抜くための一つの指標にできるのでは?と妄想しております。

そのような中、先日電車の中でマツダの「美しく走る。」という車内吊り広告を見つけました。そしてこの広告のボディコピーにはこのようにありました。

「時代は、動いている。毎日を自分らしく、輝くものにするために、今、生きかたを、問われているのだと思う。私たちは、自分にまっすぐでありたい。変わらぬ美意識で、ものづくりをしてゆく。この想いに賛同してくれる人たちとともに、毎日を、光り輝く、美しいものにしたい。MAZDAはそう思います。」

いかがですか?個人的には「今、生きかたを問われているのだと思う」という部分が心に刺さりました。
まさに真善美そのものを企業の価値として発信しているMAZDAという会社のメッセージに深くて新しい時代の感性を感じました。

はたしてなにわのマーケティングコーチは?そしてスマイルマーケティングは?真善美を追求できているのか?令和の時代はそんな意識を持って仕事に取り組んでいきたいと考えています。
今月は少し固い話になってしまいましたが、要はにこにこ笑顔で参りましょう!ということですよ(笑)

では今月も「SMILE-MKメールマガジン」をじっくりお楽しみください。
感謝!

■■■インデックスのご案内■■■
1)スマイルマーケティングトピックス
2)縄文フリーダム倶楽部通信
3)SDGsマーケティングアクション←令和2ヶ月目からの新コーナー
4)だいぶ気になるコラボレーション戦略
5)日経MJで見つけた「ちょっと気になる4P戦略」からの~妄想指南!
6)読んだら損するしょ~むない話←6月の祝日について
——————————————————————
1)スマイルマーケティングトピックス
 スマイルマーケティングでは「マーケティングを楽しく学び、自分らしく使う」をテーマにセミナーを開催。ご興味あるプログラムに気軽に参加ください!
 

■まもなく開講!大阪府「なにわマーケティング大学」プレゼンツ!
 「売れるマーケティング基礎講座」年に一度の担当講座がいよいよ今週開講。
 3C、STP、4Pといった基本のフレームワークに加えて、社長マーケティングや4Cマーケティングなど最新の手法を三日間で習得します。
 直前まで申し込み可能となっていますのでこの機会に是非マーケティング力を鍛えましょう!
 
 日時:6月5日(水)12日(水)19日(水)各13:30~17:30
 会場:マイドーム大阪
 住所:大阪市中央区本町橋2-5
 定員:40名
 プログラム:3Cによる観察力、分析力の強化
       STPによる発想力と表現力の強化
       4Pによる企画力と提案力の強化
 参加費:10,000円
 講師:なにわのマーケティングコーチ高橋健三 
 主催:大阪府商工労働部中小企業支援室
 お申し込みはhttp://www.pref.osaka.lg.jp/keieishien/keiei/2019nmkiso.html

■6月7日「マーケティング妄想バー」
 お酒の勢いを借りて自由に妄想を繰り広げる参加型のセミナーです。
 リピーター続出の魅惑の時間へあなたも是非どうぞ!

 日時:6月7日(金)19:00~22:00頃
 会場:ISまちライブラリー(レトロゾーン)
 住所:大阪市中央区内平野町2-1-2アイエスビル3階
 地図:https://is-library.jp/access/ 
 定員:10名
 プログラム:参加者のお気に入り商品紹介
       日経MJ記事からトレンドディスカッション
       ちょっと流行のSDGsマーケティングとは・・・
 参加費:3,500円(ドリンク&軽食付き)
 講師:なにわのマーケティングコーチ高橋健三 
 主催:スマイルマーケティング
 お申し込みはinfo@smile-mk.comまで

■7月1日「社長マーケティング集中講座」第2弾開講!
 社長のための社長による社長だけのマーケティング講座を開催!
 SNS時代に社長は自社のファンを増やすためどのように振る舞うべきか?
数多くの事例をヒントに自分のスタイルを発見する講座へいざ出陣!

 日時:7月1日(月)19:00~21:00
 会場:第26松屋ビル(内本町ダイワビル)
 住所:大阪市中央区本町橋2-22
 地図:https://www.matsuya-building.co.jp/office/m026.php  
 定員:20名(社長限定)
 プログラム:参加者のお気に入り商品紹介
       日経MJ記事からトレンドディスカッション
       ちょっと流行のSDGsマーケティングとは・・・
 参加費:5,000円
 特典:スマイルマーケティング手帳
    我が社のマーケティング力診断シート
 講師:なにわのマーケティングコーチ高橋健三 
 主催:3LC株式会社
 お申し込みhttps://peraichi.com/landing_pages/view/8hmg0

——————————————————————
2)縄文フリーダム倶楽部通信
 先日、縄文時代のライフスタイルを現代のビジネスに活かせるのではないかという妄想から「縄文フリーダム倶楽部」が発足しました。
 このコーナーでは縄文に関するコラムをご紹介することで縄文ファンを増やして行きたいと思います。

 令和第2回コラム「土偶と埴輪の違いとは?」

 最近、百舌鳥・古市古墳群の世界遺産登録に向けてメディアに埴輪が登場する機会が増えてきましたが、埴輪と土偶と混同している人が結構います。
 先ず 時代が違います。土偶は縄文時代そして埴輪は弥生時代の次の古墳時代に造られています。
そして何より違うのは、土偶は庶民が家族の幸せを願って造ったものですが、埴輪は当時の権力者の隆盛を誇るため、権力者の指示により業務つまりは仕事として造られたものです。個人の想いか?組織の思惑か?その動機は全く違うものなのでありました。
 
 縄文フリーダム倶楽部に入会希望の方はinfo@smile-mk.comまで
 おらんか(笑)

——————————————————————
3)SDGsマーケティングアクション(日経MJ5月1日~31日記事より) 
 最近よく耳にするSDGs(持続可能な開発目標)ですが、17の目標に沿った企業の動きが活発になってきました。まだ取り組みを始めていない皆さんのヒントになれば幸いです。

 ■衣料分野では・・・
 1)メーカーズシャツ鎌倉 
 ビジネスシャツの生産工程で出る「廃棄綿」を再利用したシャツを発売。独自製法を持つユニチカに紡績を依頼。
 
 2)アディダス
 単一素材を使った特殊な製造技術で履けなくなった運動靴を回収後に再生し完全な新品を作る仕組みを開発。

 3)アーバンリサーチ
 繊維商社の豊島が提供する食品廃棄物を使って衣料品に仕立てる仕組みを活用しコーヒー豆かすなどを使ったTシャツを販売。

 ■食品分野では・・・
 4)くら寿司
 国内全店舗でプラスチック製ストローを廃止。今後は台湾や米国の海外店舗も含めてプラスチック削減を進める。

 5)キリンビバレッジ
 リサイクル素材100%のペットボトルを商品に採用開始。使用済みペットボトルを粉砕・洗浄した樹脂のみを原料に使い再成型。

 6)佐川急便とシナビズ
 通販サイト運営のシナビズと組み企業が抱える余剰在庫の再流通に取り組む。
 商品は賞味期限が近づき店頭から撤去された食品や飲料など。

 ■お知らせ「SDGsマーケティング発想ワークショップ」受付中!
 B2C企業では17の目標に沿ったアクションを始めています。
 今後はB2B企業も含め、拡がりを見せていくことでしょう。スマイルマーケティングではSDGsをカードゲームで学び、自社の成長戦略に落とし込む半日ワークショップをご提案しています。
 会社の舵取りを担う部長職、課長職の皆さんにオススメ。
 詳しくはinfo@smile-mk.comまでお問い合わせください。

——————————————————————
4)だいぶ気になるコラボレーション戦略(日経MJ5月1日~30日記事より)
提供価値を高める手段としてコラボレーションは今や当り前の取り組みになってきました。モノに限らずコトにもコラボが拡がってきました!
http://www.smile-mk.com/column/collaboration/

■JR東日本&日本郵便&タリーズコーヒー
 JR東日本と&日本郵便とタリーズコーヒーはJR立川駅の商業施設内に「JJ+T」を開業。コーヒーを飲みながら金融相談ができる他、個室のシェアオフィスも開設。期間限定で相談者はコーヒー一杯が無料に。
 http://cityup.jp/pr/2019/04/1045/

■NTT&吉本興業
 NTTと吉本興業は子ども向け教育動画配信事業を共同で開始。スマホやタブレット端末を使い、遊びながら学べる教育コンテンツを配信。NHKの人気番組「チコちゃんに叱られる!」のプロデューサーも制作に携わる。
 https://laughmaga.yoshimoto.co.jp/archives/11763

■楽天&JAXA
 楽天はJAXA(宇宙航空研究開発機構)とコラボして宇宙食を使ったレシピを開発。味噌カレードリアのパプリカ詰め、スペースカレー、和菓子フルーツ大福などを楽天レシピのサイトで紹介。
 https://recipe.rakuten.co.jp/official/jaxa/

——————————————————————
5)ちょっと気になる4P戦略(日経MJ5月1日~31日記事より)
日経MJに掲載された記事の中からなにわのマーケティングコーチが独自の視点でちょっと気になる4Pネタをピックアップしそれぞれの妄想方法を伝授。
サイトではバックナンバーを1000本以上掲載中!
http://www.smile-mk.com/column/strategy/

■PRODUCT(商品)戦略

 事例1)仙台名物の笹かまぼこがギターに!
 山野楽器仙台店は、名物の笹かまぼこをデザインしたギターを発売。
 東北を音楽の力で盛り上げたいという思いに笹かまぼこの老舗「阿部蒲鉾店」が協力。
 ふっくらした質感をイメージさせるボディに、バーナーでこんがりとした焼き目もしっかり入っている。価格は75万6000円なり。こりゃなかなかのインスタ映えが期待出来まんな。
 https://www.yamano-music.co.jp/shops/sendai/products/103401133823173

 事例2)個人向け段ボール新商品とは?
 法人向けに包装用段ボールの販売をしている藤屋段ボールは個人向け事業に参入。
 第1弾として結婚披露宴やイベントで使用するアルファベットオブジェを開発。
 1文字40センチ四方のサイズで3500~4000円の設定。
 昨年から新商品開発部署「デザインラボ」も開設しB2BからB2C市場へチャレンジ。
 強みを活かしてヒットに繋げたいもんでんな。
 https://www.fujiya-db.com/news/20190517/

 プロダクト戦略を妄想せよ!
 4Pで考えるプロダクト(商品)も4Cで考えればカスタマーバリュー(顧客価値)となる。
 笹かまぼこが大好きな人にはこのギターは大きな価値となることだろう。
 また普段は法人顧客がメーンの段ボールについて、改めて顧客は
 誰だろう?という発想をすれば商品のカタチも変化する。
 自社のプロダクトについては常に作り手と使い手の双方から見ておくことがポイントでんな。

■PRICE(価格)戦略

 事例1)鈴木さんと行ったらお得でっせ~!
 東京・四谷に開店した「祭酒場 鈴木商店」は名字の読みが「すずき」の方が1名でもいればグループの会計が10%オフになり、さらにグループが注文するハイボールが1杯100円になるキャンペーンを展開した。
 他にも埼玉県の寒梅酒造が作った日本酒「鈴木」を1杯100円で振る舞っている。大阪に高橋商店出来るの待ってまっせ~(笑)
 https://gourmetpress.net/154512/

 事例2)いよいよ家電もサブスクリプション?
 家具のサブスクリプション(定額制)を提供しているサブスクライフは家電の取り扱いを開始。
 空気清浄機やドライヤーなど10種類の生活家電を月額制で利用することができる。
 例えば定価4万2120円の15畳用の空気清浄機なら月額1980円で利用可能。個人の利用に加えて民泊事業者にも市場が拡がっている。所有から共有へ時代は進んでまんな~
 https://subsclife.com/s/r/r102700/

 プライス戦略を妄想せよ!
 日本に沢山いる鈴木、佐藤、高橋をキャンペーンの対象にすれば自分が該当者でなくても周りに一人か二人は居るはずなので、限定しているようで拡がりが期待できる仕組みになっている。
 またプライス(価格)戦略においてはサブスクリプションが衣・食・住・遊とすべての業種に拡がっており自社でも具体策を考えておかなおきまへんな。

■PLACE(販路)戦略

 事例1)うちの工場に泊まってみまへんか?
 東京・蒲田に町工場を感じられる「ホテルオリエンタルエクスプレス東京蒲田」が誕生。
 10社以上の地元町工場とコラボし、実際に使用していた製造機械や工業製品などをエントランスロビーに展示。また館内のサインやインテリアには町工場の熟練技術が活用されている。オプションでほんまの工場に泊まれるとええわな(笑)
 http://tokyokamata.hotelorientalexpress.com/

 事例2)えっ!座席まで出前してくれまんのん?
 出前館を運営する夢の街創造委員会はアプリで注文すればスポーツ観戦の座席まで出前してくれるサービスを開始。
 アリーナ舞洲で開かれたBリーグの大阪エヴェッサ対琉球ゴールデンキングス戦で実施。
 CoCo壱番屋などと提携しカレー、揚げ物、ビールなど出前した。また連休中は中之島で開催のフードフェスでも有料席を対象に出前を実施。
 こうなりゃ会社帰りの環状線の中へも届けてくれるかな(笑)
 https://www.yumenomachi.co.jp/pr/news/demaekan/bleague_coco.html

 プレイス戦略を妄想せよ!
 油で汚れて普段着では入りにくい町工場を敢えてホテルのコンセプトに採用。
 スポーツ観戦している座席まで料理や飲み物を出前。
 プレイス戦略は直訳すると文字通り「場所」。
 販路という視点を一旦忘れて、工場とホテルや店舗と座席など場所と場所を掛け合わせることでまだまだ新たな打ち手が生み出せそうでんな。

■PROMOTION(販促)戦略

 事例1)広告塔は不良達に任せなさい!
 スイスの時計メーカー「テンデンス」はブランドの広告塔に漫画の登場人物を起用。
 中でも1980~90年代の人気漫画に登場した不良のキャラクター4名を活用しブランドイメージの反骨精神を表現。「ろくでなしBULES」の葛西や「今日から俺は!!」の中野など。ブランドポジションを不良で表現するセンスはなかなか渋いもんでんな~
 http://www.tendence.jp/special/larger_than_life/

 事例2)あなたの声がCMで流れるかも?
 「は・か・た・の・し・お♪」で耳なじみのある伯方の塩を販売する伯方塩業はツイッターを通じて二代目の声優を募集。自分なりの「は・か・た・の・し・お♪」を録音し「#はかたのしおオーディション」とハッシュタグを付けて投稿。
 グランプリに選ばれるとウェブ広告に出演できる仕組み。あなたもひとふし唸ってみまへんか?せ~の「は・か・た・の・し・お♪」
 https://www.hakatanoshio.co.jp/campaign/20190511_audition/

 プロモーション戦略を妄想せよ!
 時計ブランドの訴求に漫画の中の不良を起用する。CMの声優募集にSNSのツイッターを活用する。
 漫画もCMのフレーズも沢山の人が認識しているというベースの上に成り立っている。どちらの施策も企業が一方的に発信するプロモーション戦略というよりも、受け手側の共感を誘うコミュニケーション戦略となっているところがよろしおまんな。

——————————————————————
6)読んだら損するしょ~むない話
新しいアイデアは妄想~発想~構想と徐々に進化していくもの。先ずは妄想力を鍛えるためにしょ~むないことを考えてみる。これって案外大切なトレーニングなんですよ~いやほんま(笑)
http://www.smile-mk.com/column/trivial_matter/

■6月に新たな祝日を考えよう!
 改元に合わせて10連休を経験すると人間はぐうたらなもんで6月にも何か休みを作れないもんかと妄想してしまいます。そこで6月の祝日をみんなで考えてみたのでありました。

 部長「働き方改革も進んできたことやし6月にもなんか新しい祝日が欲しいもんやな。なんかええアイデアないか?」

 A君「6月4日無視の日はどうでしょう?仕事の電話もメールもLINEもぜ~んぶ無視しますので」

 B君「6月10日路頭に迷う日はどうでしょう?いつも通っている通勤路もこの日は迷ってしまい会社に辿り着けません」

 C君「6月31日おまけの日はどうでしょう?もともと31日はないので休みにしても全く問題がありまっせん!」

 部長「君らの発想では祝日は作れそうもないな。さぁ仕事や仕事!」

 今年はお盆も年末年始も9連休。休むにも練習が要りまんな(笑)
 来月も引き続きしょ~むないネタにご期待ください。

6月もあなたにとって笑顔溢れるひと月になりますように!感謝!
◆◆◆ニコ◆◆ニコ◆◆ニコ◆◆ニコ◆◆ニコ◆◆ニコ◆◆ニコ◆◆◆
「SMILE-MKメールマガジン」2019年6月1日第195号
読者数:649名(6月1日現在)
編集者:なにわのマーケティングコーチ高橋健三(グロービスMBA大阪1st)
フェイスブックhttp://www.facebook.com/kenzotakahashi2525
発行元:株式会社スマイルマーケティング
〒540-0037大阪市中央区内平野町2-1-2アイエスビル4E
TEL:06-6966-2525(ニコニコ) FAX:06-6966-2277MOBILE:080-1414-2558
URL:http://www.smile-mk.com
東京サテライト〒108-0023 東京都港区芝浦3-13-3-5F
本メルマガに関するご感想やリクエストをお待ちしています
mailto:info@smile-mk.com
著書:「もう安売りしかないと思う前に読む本」紹介サイト
https://www.sinkan.jp/news/8184
◆◆◆◆◆◆【すべてのマーケティングは「笑顔」のために!】◆◆◆◆◆◆
Copyright(c)2019 SMILE MARKETING INC. All rights reserved.

無料メールマガジン登録

ちょっと気になる4P戦略など発想ヒントが一杯のメルマガです。