2019
02.10

2019年2月1日第191号

メールマガジンバックナンバー

まいどおおきに!スマイルマーケティングの高橋健三です!

いつもスマイルメルマガをご愛読いただきほんまにありがとうございます。
早いものであっという間に1月が過ぎ、2月を迎えましたが、テレビでは平成も残り3ヶ月と、これまでの30年を振り返る番組が沢山放映されています。

新年の挨拶回りの際にある社長に教えていただいたのですが、猪年というのは干支の最後でもあり、今年2019年は新たな時代に向け万全の準備を整える年にすべきとのこと。

なるほどふむふむと思い自分の干支がねずみでもあるので、来年に向け頭の中で考えるばかりでなく今年は「思い付いたことはすべて実践してみよう!」ということをテーマとしました。

具体的にはこれまで3ヶ月に1回の頻度で開催していたセミナーを出来るだけ1ヶ月に1回のペースで開催する。(詳しくは下記のトピックスをご覧ください)また来場型にこだわらず、どんどん出前セミナーも開催したいと思います。

一方、個人的に興味関心の高い縄文、アイヌ、沖縄などのテーマについても読書会や勉強会などを開催したり、博物館や遺跡を巡り見聞を広めていくことも心がけたいと思います。
こちらについては現時点で「SDGsのヒントは縄文にあり」という仮説(妄想?)を立てています。

どちらにしても予測不能なVUCA時代の中を突き進むには、頭で考えるのではなく先ずは行動してから後で考えることをモットーにしたいものです。
平成の次、2019年の次、楽しみになってきました!(笑)

では今月も「SMILE-MKメールマガジン」をじっくりお楽しみください。
感謝!

■■■インデックスのご案内■■■
1)スマイルマーケティングトピックス
2)だいぶ気になるコラボレーション戦略
3)日経MJで見つけた「ちょっと気になる4P戦略」からの~妄想指南!
4)読んだら損するしょ~むない話←節分の鬼もいろいろ
——————————————————————
1)スマイルマーケティングトピックス
 スマイルマーケティングでは「マーケティングを楽しく学び、自分らしく使う」をテーマにセミナーを開催。今月は3月、4月、5月のセミナーをご紹介!

■3月1日「マーケティング妄想バー」
 お酒の勢いを借りて次のトレンドを妄想する集まりです。一度経験するとクセになります(笑)

 日時:3月1日(金)19:00~22:00頃
 会場:ISまちライブラリー(レトロゾーン)
 住所:大阪市中央区内平野町2-1-2アイエスビル3階
 地図:https://is-library.jp/access/ 
 定員:10名
 プログラム:参加者のお気に入り商品紹介
       日経MJ記事からトレンドディスカッション
       次の一手を占いマーケティングコーチ妄想講座
 参加費:3,500円(ドリンク&軽食付き)
 講師:なにわのマーケティングコーチ高橋健三 
 主催:スマイルマーケティング
 お申し込みはこちら
 http://www.smile-mk.com/seminar/notice/contents005669.html

■4月20日「ど素人のためのマーケティング入門講座」
 いまさら聞けないマーケティングのいろはを半日で分かりやすく学びます

 日時:4月20日(土)13:00~17:00
 会場:ISまちライブラリー(レトロゾーン)
 住所:大阪市中央区内平野町2-1-2アイエスビル3階
 地図:https://is-library.jp/access/ 
 定員:10名
 プログラム:基本フレーム4Pを知る
       自社マーケティング力診断
       4Cで発想する次の一手
 参加費:5,000円(ビジネスマンのネタ帳付き)
 講師:なにわのマーケティングコーチ高橋健三
 主催:スマイルマーケティング
 お申し込みはinfo@smile-mk.comまで

■5月24日「わくわくヒット商品開発講座」初開催!
 数々のヒット商品を生み出した元花王の開発担当者による講座と実践ワークショップでヒット商品開発のポイントを学びます
 
 日時:5月24日(金)13:00~17:00
 会場:ISまちライブラリー(レトロゾーン)
 住所:大阪市中央区内平野町2-1-2アイエスビル3階
 地図:https://is-library.jp/access/ 
 定員:10名
 プログラム:忽那氏によるわくわく商品開発の手順レクチャー
       参加者による自社商品開発ワークショップ
 参加費:10,000円(オリジナル開発シート付き)
 講師:忽那公範氏(元花王勤務)
 経歴はこちら
 https://www.wakuwakuken.com/blank-7?fbclid=IwAR0Nj6b9dpRlItjBDLi2pK15ych2VmzfKLc7bkWckDh5CyqmHCeNG7fwFZg
 主催:スマイルマーケティング
 お申し込みはinfo@smile-mk.comまで
 

■スマイルマーケティング「出前講座」のご案内
 上記の「マーケティング妄想バー」「ど素人のためのマーケティング入門講座」「わくわく商品開発講座」いずれのセミナーも御社がご希望の場所へ「出前講座」させていただきます!
 ちなみに3月16日はアズカレーでランチタイムセミナー開催!
 うちでもやって欲しいなあ~という方はお気軽にinfo@smile-mk.comまでお問い合わせください。感謝!

——————————————————————
2)だいぶ気になるコラボレーション戦略(日経MJ1月1日~31日記事より)
提供価値を高める手段としてコラボレーションは今や当り前の取り組みになってきました。今月は衣・食・住の事例をご紹介。
http://www.smile-mk.com/column/collaboration/

■ベティスミス&ブリッド(車用シート)
国産ジーンズのベティスミスは車用シートメーカーのブリッドとコラボでジーンズ生地を使用したスポーツカー用シートを共同開発。耐久性とデザイン性を兼ねた商品は税別11万円で受注生産。
https://bride-jp.com/news/20180423_BettySmith.pdf

■タニタ&初音ミク
タニタはボーカロイドキャラクターの初音ミクとコラボした体組成計など3商品を開発。上位機種「ボイス体組成計」税別1万8千円には初音ミクの音声ガイドを装備され「いっしょに運動しよう!」と応援してくれる。
http://shop.tanita.co.jp/hatsunemiku/

■オニツカタイガー&西形彩庵(伝統工芸アーティスト)
オニツカタイガーは手染めや手織りなど伝統工芸を伝えるアーティスト西形彩庵氏とコラボした商品「メキシコミッドランナーデラックス」税別3万8千円を表参道店で限定販売。
https://www.onitsukatigermagazine.com/?p=74455

——————————————————————
3)ちょっと気になる4P戦略(日経MJ1月1日~31日記事より)
日経MJに掲載された記事の中からなにわのマーケティングコーチが独自の視点でちょっと気になる4Pネタをピックアップしそれぞれの妄想方法を伝授。
サイトではバックナンバーを1000本以上掲載中!
http://www.smile-mk.com/column/strategy/

■PRODUCT(商品)戦略

事例1)あのヴィトンからイヤホンが登場?
ルイ・ヴィトンジャパンはモノグラム柄をあしらいアクセサリーのように耳元を飾るイヤホン「ルイ・ヴィトンホライゾンイヤホン」税別12万円を発売。
米高級音響機器メーカーであるマスターアンドダイナミックのシステムで音質にこだわりフル充電で3.5時間再生可能。次は冷蔵庫とか登場するかも(笑)
https://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/men/accessories/earphones/_/N-juzcfi

事例2)あの崎陽軒からクッションが登場?
崎陽軒は主力商品「シュウマイ弁当」などをあしらったクッションとブランケットの2種類の関連グッズを開発。
「シュウマイ弁当クッション」3千円のオモテ面に弁当の掛け紙や包装紙を、ウラ面には弁当の中身が描かれている。クッションのサイズは弁当の20倍あり見ているだけでお腹いっぱいになるかも(笑)
https://shopping.kiyoken.com/shop/item_detail?category_id=0&item_id=2501687

プロダクト戦略を妄想せよ!
ルイ・ヴィトンがオーディオ機器に参入し、崎陽軒はインテリアグッズに参入する。
これまで衣・食・住・遊という業種の枠組みの中で商品開発を行ってきた企業も、ある一定のブランドファンを保有していれば、業種の垣根を越えた様々な商品を展開することができる。
我が社のブランドファンをカウントしてみる必要がありまんな。

■PRICE(価格)戦略

事例1)パスタはメートルで買う時代に!
自家製生パスタの「cucina+oven piano」はパスタを長さで注文することが出来る。
1本最長50センチの麺を使い、1メートル当り「スパゲッティ」は税別45円。
「フェットチーネ」は税別135円となり、ソースは10種類から選ぶ。100メートル食べると無料になるのでこの週末チャレンジしてみるか(笑)
https://www.fujin-nara.com/piano.html

事例2)ホテルは本寄贈で割り引く時代に!
東京町田市の宿泊施設「LIBRARY&HOSTEL武相庵」に併設されたカフェには約1000冊の蔵書があるが、本3冊を寄贈するとコーヒー1杯無料、5冊寄贈するとホステルの宿泊料が20%割引となる。
本は読むとワクワクしポジティブになれるものが条件。「もう安売りしかないと思う前に読む本」結構ワクワクするけどな(笑)
http://www.busoan.com/

プライス戦略を妄想せよ!
総菜をグラムで売る計り売りはこれまでもあるが、長さ売りはなかなか新しい。
また本の寄贈で宿泊費が安くなるのは、ちょっと物々交換の雰囲気にも繋がる。
単純な値引きをするのではなく、こちらが少し作戦を考えるようなワクワク感ある売り方や値引きが流行りそうでんな。

■PLACE(販路)戦略

事例1)自分で注文してくれるサーバーが登場?
富士山の銘水は水の残量が少なくなると自動で注文してくれる「フレシャスIoTウォーターサーバー」を発売。
アマゾンの自動再発注サービスを使い、天然水の残量を感知したウォーターサーバーが自分で再発注してくれる。
価格は3万5800円~5万3800円。人間はどんどん楽になりまんな~
https://www.frecious.jp/iotserver/

事例2)電車でなくバスのななつ星が登場?
クラブツーリズムはJR九州のななつ星in九州のデザインを手掛けた水戸岡鋭治氏がデザインした豪華バスの運行を開始。
床や天井に木材を多用し車内にはバーカンターも装備。座席数は18席でシニア富裕層を狙う。セレブなあなたも一度乗ってみまへんか?
https://www.club-t.com/special/bus/mitooka-bus/?link_id=cSoB11

プレイス戦略を妄想せよ!
4Pのプレイスは4Cではコンビニエンス(利便性)となるが自動再発注してくれるウォーターサーバーはまさに利便性が高い。
また豪華バスについても予約が溢れてなかなか乗れない「ななつ星」に代わり同じような車内デザインを体験することができる点で利便性を提供しているといえまんな~

■PROMOTION(販促)戦略

事例1)旅行先は映える写真で選ぼう!
ANAセールスは好みの写真から旅行予約ができるサービス「DOCOICO(ドコイコ)」を開始。
スマホ向けで北海道、京都、沖縄など国内7地域とハワイの計8地域の気に入った写真から航空券やホテルの予約が可能。
画像を撮影した場所は地図上に表示され周辺観光情報も提供。これからは映えな来てくれまへんな(笑)
https://www.ana.co.jp/ja/jp/travel/docoico/

事例2)中華まんをミュージアムで学ぼう!
中村屋は埼玉県入間市に国内初の中華まんミュージアムを開設。施設内は四つの区画で構成され歴史を学んだ後、生産する様子を見ることが出来る。
また具材をパズル形式で組み合わせたり、生地に包むスピードを競うゲームなどがある。大阪にも551のミュージアム出来ひんかな?
https://www.nakamuraya.co.jp/factory/

プロモーション戦略を妄想せよ!
インスタ映えから旅行予約ができるのはもはやプロモーション経由のプレイス戦略と評価できる。
一方、中華まんミュージアムは関西で人気のカップヌードルミュージアムを連想させる。
アクセスが多少不便であっても圧倒的な体験ができれば沢山の集客ができるのできっとこちらも流行るはず。大阪・関西万博はフード系パビリオンばかりでやるのもええな~(笑)

——————————————————————
4)読んだら損するしょ~むない話
新しいアイデアは妄想~発想~構想と徐々に進化していくもの。先ずは妄想力を鍛えるためにしょ~むないことを考えてみる。
これって案外大切なトレーニングなんですよ~いやほんま(笑)
http://www.smile-mk.com/column/trivial_matter/

■節分の鬼もいろいろ
 2月3日の節分には青鬼、赤鬼が登場することが多いが多様性が求められる時代なので、いろいろな色の鬼を考えてみた。どの鬼がこわい???

 茶鬼:基本的には外出しない。家でほっこり茶を飲んでいるの生きがい

 白鬼:ソフトバンクに所属。野球が得意なのかと思ったがスマホ操作のみ

 緑鬼:常に無口。地球温暖化を避けるため二酸化酸素を排出しない環境派

 オレンジ鬼:いつもにこにこ明るい。恐くないので鬼の中では落ちこぼれ

 黒鬼:生まれてこの方苦労が絶えない。くろおに→くろうおに→くろうにん

 鬼がいない平和な世の中がよろしおますな~
 来月も引き続きしょ~むないネタにご期待ください。

2月もあなたにとって笑顔溢れるひと月になりますように!感謝!
◆◆◆ニコ◆◆ニコ◆◆ニコ◆◆ニコ◆◆ニコ◆◆ニコ◆◆ニコ◆◆◆
「SMILE-MKメールマガジン」2019年2月1日第191号
読者数:641名(2月1日現在)
編集者:なにわのマーケティングコーチ高橋健三(グロービスMBA大阪1st)
フェイスブックhttp://www.facebook.com/kenzotakahashi2525
発行元:株式会社スマイルマーケティング
〒540-0037大阪市中央区内平野町2-1-2アイエスビル4E
TEL:06-6966-2525(ニコニコ) FAX:06-6966-2277MOBILE:080-1414-2558
URL:http://www.smile-mk.com
東京サテライト〒108-0023 東京都港区芝浦3-13-3-5F
本メルマガに関するご感想やリクエストをお待ちしています
mailto:info@smile-mk.com
著書:「もう安売りしかないと思う前に読む本」紹介サイト
https://www.sinkan.jp/news/8184
◆◆◆◆◆◆【すべてのマーケティングは「笑顔」のために!】◆◆◆◆◆◆
Copyright(c)2019 SMILE MARKETING INC. All rights reserved.

無料メールマガジン登録

ちょっと気になる4P戦略など発想ヒントが一杯のメルマガです。